東京株式市場の記事一覧
本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年1月21日-
本日の株式市場の株価指数・商品指数の動向予測-2019年1月18日-
メイ首相の代役無しも、英国ブレクジットは事実上の先送りとなる可能性が強くなってきそうな状況
英国議会での採決は歴史的大差で否決されるも、問題はこの後。
英国のブレクジットを巡る議会裁決当日。メイ首相への不信任投票を求める動きも。
にわかに動きが出てきた極東アジア。中国の深慮遠謀か?
トランプ大統領の焦りが見える、米中貿易交渉
英国ブレクジット問題が再びクローズアップされてくるに連れてリスクオンの動きが強まると考えられる
楽観論が出始めた米中貿易問題。左手は握手する姿勢を見せるものの、右手は拳を握ったまま。
ボラリティーが拡大している東京株式市場、基本戦略は戻り売りに変更なし
大納会、2019年相場への先行き不透明感は拭えない状況
下落要因の不安要素は、根本的には何も変わっていないのが現状
日経平均株価は、18,020円、16,133.8円を意識する必要あり?
米国の政治不透明感がすべての元凶なのか?
金利引き上げも、経済見通しは弱気に傾いた今回のFOMC
投資家のモメンタムとしては、弱気から短期的に様子見としたに過ぎない?
米中貿易問題や欧州情勢の先行きなど不確実性が増す中で、難しい判断が要求されるFOMC
メジャーSQ通過後は、再び米中問題と欧州情勢に左右される相場展開となるか?
米中覇権争い(米中貿易問題)に関する緊張緩和?状況は何も変わっていない。