本日注目された話題株(2018年9月26日)
本日注目された話題株に注目。2018年9月26日の相場速報。

ジーエヌアイグループ(2160)

遺伝子解析に強みを持つバイオベンチャーで、中国での新薬開発にも注力している。25日取引終了後、中国で実施しているF351の肝線維症を適応症とする第2相臨床試験の中間解析で良好な結果が認められたことを開示しており、この発表を材料視する短期筋の買いが集中。

アカツキ(3932)

スマートフォンゲーム「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」の課金収入が、海外を中心に拡大中。加えて昨年10月に設立したエンタメ特化型ファンドでは、日本を含む3カ国8社に投資しており、今後が期待される。

UTグループ(2146)

25日大引け後、東証が同社を26日売買分から貸借銘柄に選定すると発表したことを買い材料視。

東洋建設(1890)

9日続伸。海洋土木の大手で海外ではケニアでのODA案件の港湾工事獲得で今後の収益寄与が期待。国内では護岸の耐震化工事が好調なほか、今期受注した大型案件の進捗が収益を押し上げる見通し。

田淵電機(6624)

東証1部上昇率トップ。同社は業績不振で経営再建中にあるが、25日取引終了後、自動車部品メーカーのダイヤモンド電機とスポンサー支援に関する合意書を締結したことを発表。

わらべ日洋(2918)

東証1部下落率トップ。年初来安値を更新した。19年2月期通期の連結業績予想を修正。営業利益見通しを従来の40億円から15億円(前期比59.8%減)に下方修正したことを嫌気。売上高予想も2,246億円から2,177億円(同0.6%減)に減額修正。足もとで水産加工品の取扱高が計画を下回っているほか、人件費や物流コストなどが上昇していることが影響。

関連キーワード
相場速報の関連記事
  • 本日の東京株式市場で注目された話題株・注目株(2018年12月14日)
  • 西菱電機(4341)が後場急伸してストップ高
  • 銚子丸(3075)が3日続伸
  • SKIYAKI(3995)が業績好調で続伸
  • 小林産業(8077)が上振れ着地
  • ユニファミマ(8028)が株式分割を好感し、続伸
おすすめの記事