本日注目された話題株(2018年9月14日)

この記事の要約

本日注目された話題株に注目。2018年9月14日の相場速報。

応用技術(4356)

5月28日の年初来高値1,314円を更新し、上値追いが活性化。本日発売の四季報で自治体の防災コンサル関連として注目。

ヤーマン(6630)

13日引け後の決算発表で、19年4月期第1四半期(18年5〜7月)連結業績の好進ちょくを確認。好感買いに株価は朝方から気配値を切り上げる展開となっている。

アイ・ピー・エス(4390)

3連騰した。一時は制限値幅上限に当たる前日比1,500円ストップ高の1万0400円まで買われ、7月4日に付けた最高値を更新。13日引け後に子会社がフィリピン国家通信委員会に申請していた通信事業の地域拡大が承認されたと発表し、収益拡大を期待した買いが流入した。

アイ・ピー・エス(4335)

神戸地盤の情報システム開発会社でJASDAQ上場のアイ・ピー・エス(4335)も急騰。マザーズ上場銘柄と同社名で、勘違いした向きの買いが流入しているとの観測がある。

鎌倉新書(6184)

鎌倉新書(6184)が3日ぶりに反発。13日大引け後に発表した19年1月期第2四半期累計(2-7月)の連結経常利益が前年同期非連結比48.1%増の2.3億円に拡大して着地したことが買い材料視された。

ミマキエンジニアリング(6638)

13日取引終了後に、簡易株式交換によりファクトリーオートメーション(FA)装置の製造・販売などを手掛けるアルファーデザイン(長野県東御市)を子会社化すると発表。これによるシナジーなどを期待。

弁護士ドットコム(6027)

上場来高値を更新。13日、クラウドソーシング大手のランサーズ(東京都渋谷区)と業務提携すると発表。

RPAホールディングス(6572)

13日の取引終了後、子会社RPAテクノロジーズがブレインパッド(3655)と共同で、ECショップ運営で発生する業務の自動化を支援する「EC業務支援パッケージ」を開発し、提供を開始したと発表。

ロート製薬(4527)

肝硬変を対象に開発を進めている再生医療等製品候補ADR-001について、塩野義製薬(4507)と日本国内における独占的な開発および販売に関するライセンス契約を締結したと発表。

石井表記(6336)

ストップ高。13日大引け後に発表した19年1月期上期(2-7月)の連結経常利益は前年同期比5.2%増の6.4億円と、従来の50.2%減益予想から一転して増益で着地したことが買い材料視。

サブコンテンツ

このページの先頭へ