野村マイクロ<6254>に注目。テクニカル妙味があり、足元業績も好調。2018年8月30日の相場速報。
野村マイクロ<6254>、足もと業績好調でテクニカル妙味も
チャート画像 引用:Yahoo!ファイナンス

野村マイクロ<6254>にテクニカル妙味が浮上。一目均衡表の雲上限を捉えてきているほか、25日移動平均線と75日移動平均線とのゴールデンクロスが視野に入ってきている。

足もと業績は好調で、8月10日に発表した19年3月期第1四半期(4~6月)の連結経常利益は2億3600万円(前年同期比6.3倍)で着地し、上半期計画の1億6200万円を超過した。半導体市場の好調さなどを追い風に、主力の水処理装置の販売が国内外で伸長。為替差益を計上したことも利益の押し上げ要因となった。上半期及び通期の業績予想は従来計画を据え置いているが、高水準の受注残(前期末時点で82億5900万円)を考えると上振れする可能性が高いといえそうだ。

株価は7月6日につけた年初来安値752円を底に下値を切り上げる展開。PER11倍弱、PBR1.0倍前後と割安感もあり、戻りを試す展開が見込まれる。

引用:みんかぶ
関連キーワード
相場速報の関連記事
  • アルテック(9972)が急反落
  • セイノーホールディングス(9076)が後場に入ってい一段高している
  • エコモット(3987)が第三者割当増資による新株発行
  • UUUM(3990)が3日続伸
  • エスプール(2471)、期末配当において記念配当の実施も発表
  • セキュアヴェイル(3042)が引き続き大幅に上昇
おすすめの記事
チヨダ(8185)が切り返す
相場速報
チヨダ(8185)が切り返す。 第2四半期累計(3~8月)連結決算は、売上高615億3,000万円(前年同期比8.5%減)、営業利益21億7...