本日の東京株式市場で注目された話題株・注目株(2018年11月14日)
2018年11月14日の東京株式市場で注目された話題株や注目株をまとめています。

値上がり注目株・話題株

アプライド(3020)

ストップ高。第2四半期累計(4~9月)連結決算が、売上高139億700万円(前年同期比5.9%減)、営業利益5億2,000万円(同9.5%増)、純利益3億4,400万円(同18.7%増)となり、従来予想の営業利益4億8,000万円を上回って着地。

キャリアインデックス(6538)

ストップ高。19年3月期上期(4-9月)の経常利益(非連結)が前年同期比28.1%増の4.5億円に伸びて着地。

バリューデザイン(3960)

ストップ高。19年6月期第1四半期(7~9月)の連結決算を発表。営業損益が200万円の黒字(前年同期は3,000万円の赤字)に浮上したことが好感されているようだ。売上高は4億8,100万円(前年同期比17.5%増)で着地。

トモニホールディングス(8600)

19年3月期通期の連結業績予想の修正を発表した。経常利益を142億円から154億円(前期比6.0%減)へ、最終利益を95億円から110億円(同1.4%減)へそれぞれ増額。

東京精密(7729)

た19年3月期上期(4-9月)の連結経常利益が前年同期比19.1%増の107億円と、従来の6.0%減益予想から一転増益で着地したことが買い材料視。

東映(9605)

第2四半期累計(4~9月)連結決算が、売上高647億6,400万円(前年同期比2.8%増)、営業利益107億9,700万円(同14.0%増)、純利益46億7,000万円(同23.7%減)と2ケタ営業増益。

ウェルビー(6556)

19年3月期上期(4-9月)の経常利益(非連結)が前年同期比53.4%増の8.1億円に拡大し、従来予想の6.6億円を上回って着地。

大同メタル工業(7245)

第2四半期累計(4~9月)連結決算が、売上高538億2,200万円(前年同期比5.4%増)、営業利益35億2,900万円(同60.8%増)、純利益20億9,800万円(同2.8倍)と大幅増益。

RSテクノ(3445)

8年12月期の連結経常利益従来予想の38.9億円→58.1億円に49.1%上方修正。増益率が20.9%増から80.3%増に拡大し、従来の3期連続での過去最高益予想をさらに上乗せ。

富士電機(6504)

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が、同社株のレーティングをニュートラルからオーバーウエートへ引き上げ。目標株価は3,850円から4,700円に見直し。

ブイ・テクノロジー(7717)

売上高381億400万円(前年同期比63.9%増)、営業利益83億6,500万円(同2.4倍)、純利益57億6,400万円(同2.8倍)と大幅増益。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)

第2四半期累計(4~9月)の連結決算は持ち分法子会社の米モルガンスタンレーの好調な業績などが反映され、経常収益が3兆3,757億3,100万円(前年同期比10.0%増)、経常利益8,859億1,900万円(同2.5%増)、最終利益6,507億9,600万円(同3.8%増)と増収増益。

アルヒ(7198)

住宅ローンの進捗状況や必要書類の確認、また顧客、不動産事業者とのやり取りなどをスマートフォン上で確認できるサービス「ARUHI navi」を年内に導入すると発表。これを好材料と捉え、買いが流入。

沢井製薬(4555)

集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、売上高が844億円から887億円(前期比25.4%増)へ、営業利益が105億円から137億円(同22.9%増)へ、純利益が76億円から105億円(同109.4%増)へ上振れて着地したようだと発表。

OSJBホールディングス(5912)

19年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算は、売上高が234億8,700万円(前年同期比2.1%減)と小幅減収だったものの、営業利益は28億2,600万円(同2.1倍)、最終利益は20億5,400万円(同2.5倍)。

オイシックス・ラ・大地(3182)

19年3月期上期(4-9月)の連結営業利益が前年同期比4.7倍の11.1億円に急拡大して着地したことが買い材料視。

FFRI(3692)

上期経常が6%増益で着地・7-9月期も5%増益。

ケーズホールディングス(8282)

発行済み株式数(自社株を除く)の2.98%にあたる700万株(金額で100億円)を上限に自社株買いを実施すると発表。

MTG(7806)

今期経常は13%増で4期連続最高益、0.02円減配。

値下がり注目株・話題株

平田機工(6258)

大幅続落で年初来安値を更新。19年3月期通期の連結業績予想の下方修正を発表。売上高を950億円から830億円(前期比11.9%減)へ、営業利益を65億円から52億円(同44.5%減)へ、最終利益を44億円から38億円(同43.0%減)へそれぞれ減額。

アミューズ(4301)

7-9月期(2Q)経常は35%減益。

荏原(6361)

今期経常を14%下方修正。

関連キーワード
相場速報の関連記事
  • 本日の東京株式市場で注目された話題株・注目株(2018年12月14日)
  • 西菱電機(4341)が後場急伸してストップ高
  • 銚子丸(3075)が3日続伸
  • SKIYAKI(3995)が業績好調で続伸
  • 小林産業(8077)が上振れ着地
  • ユニファミマ(8028)が株式分割を好感し、続伸
おすすめの記事