本日注目された話題株に注目。2018年11月6日の相場速報。

サンバイオ(4592)

3日連続ストップ高。上場来高値を連日で更新中。

エフティグループ(2763)

19年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の24億円から30.7億円に28.1%上方修正したことが買い材料視された。法人向けにネットワークセキュリティ装置や空調機器、個人向けに蓄電池の販売がそれぞれ好調。

ゴールドウイン(8111)

19年3月期上期(4-9月)の連結経常利益が前年同期比76.8%増の27.1億円に拡大し、従来予想の19億円を上回って着地したことが買い材料視された。「ザ・ノース・フェイス」「へリー・ハンセン」などアウトドア関連ブランドの春夏商品の消化が順調に進んだうえ、秋冬商品の立ち上がりも好調だったことが寄与。

イチネンホールディングス(9619)

19年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比9.0%増の33.8億円に伸び、通期計画の61億円に対する進捗率は55.5%。

ワコム(6727)

19年3月期上期(4-9月)の連結経常利益は前年同期比77.3%増の29.1億円と、10月12日に上方修正した数値とほぼ同値で着地。好調な業績を評価する買いが、改めて向かった格好。

セリア(2782)

10月度の月次売上高で、既存店売上高が前年同月比1.5%増となり、2カ月連続で前年実績を上回った。

シンフォニア(6507)

売上高416億5,600万円(前年同期比7.2%増)、営業利益18億2,300万円(同39.5%増)、純利益13億600万円(同29.4%増)と大幅営業増益となったことを好感。

立花エレテック(8159)

上期経常は23%増益で着地、今期配当を2円増額修正。

図研(6947)

19年3月期上期(4-9月)の連結経常利益が前年同期比2.5倍の13.9億円に急拡大して着地したことを買い材料視。

ジンズ(3046)

10月度の月次売上高(速報値)で、既存店売上高が前年同月比4.7%増と10カ月連続で前年実績を上回った。

インターネットイニシアティブ(3774)

2四半期累計(4〜9月)連結決算が、売上高909億6,300万円(前年同期比9.6%増)、営業利益29億1,200万円(同25.8%増)、純利益19億8,200万円(同33.2%増)と大幅増益。

カカクコム(2371)

第2四半期累計(4~9月)連結決算が、売上高256億4,500万円(前年同期比18.4%増)、営業利益116億8,300万円(同11.3%増)、純利益76億5,700万円(同7.3%増)と2ケタ営業増益だったことを好感。

三井倉HD(9302)

19年3月期の連結業績予想について、売上高を2,300億円から2,350億円(前期比0.8%増)へ、営業利益を75億円から100億円(同42.9%増)へ、純利益を38億円から49億円(同11.2%増)へ上方修正し、未定としていた期末配当を12円50銭にするとあわせて発表。

大日本住友製薬(4506)

和証券は、同社株のレーティングを「4(アンダーパフォーム)」から「3(中立)」へ引き上げた。目標株価は1,000円から2,600円に設定。

図書印刷(7913)

上期最終が赤字転落で着地・7-9月期も赤字転落。

関連キーワード
相場速報の関連記事
  • 本日の東京株式市場で注目された話題株・注目株(2018年11月20日)
  • ディフェンシブセクターへの資金シフトが鮮明になってきたか?
  • 東京電力ホールディングス(9501)が年初来高値を更新
  • ZOA(3375)が一時ストップ高
  • コスモエネHD(5021)が急落で年初来安値
  • ヤーマン(6630)が急落
おすすめの記事