日経平均と個別のつな引き。
【あえて今週は買いに行かない。】投資顧問一筋38年、ミリオンストック投資顧問の最高顧問の橋本明男が送る、相場分析と個別銘柄情報。
それにしても強い相場である。朝方は安く始まり、もうギブアップであろうと思われましたが、又いつもの様に大引けにかけて買い直されました。

日経平均は、23円安、22913円。
トピックスは、4.31ポイント高、1817.60ポイント。
出来高は概算、18億7千万株で終わっております。

日経平均が過熱している事は、私だけではなく、誰もが感じている事でしょう。
又、調整に入れば窓を開けの連騰で上げて来た日経平均先物ですから、

第一の窓、22030円
第二の窓、21500円


この辺までの急落があって当然なのは理解出来ます。従いまして、もしも日経平均先物がこれより短期で1000円も下げてしまえば、個別の銘柄とて無傷でいられない事も理解出来ます。従って、買いたい銘柄があっても待ち構えてしまうのが現状です。
さてそこで、まず日経平均はどうなるか?下げ始めれば三日間で22100円位までは下げます。それが出てしまえばもう怖くはありません。そして、その下げるであろう日は明日から5日間の間です。
仮に私の考えている短期急落が起こらない場合はどうなるか。その場合は、25日線が毎日上がってきますが、その25日線が株価の水準になるまで、時間をかけてのモミ合いとなります。その際は、今月末までかかります。

さて、どうしたものか。

どこから上がっても良い銘柄は沢山ありますが、あえて今週は買いに行かない。
これが私の判断です。
次に大相場が来る為には、必ず作り上げなければならない型があります。買いに行きたいが待つ。

では、御健闘を祈ります。


投資助言担当 橋本


ミリオンストック投資顧問 : 橋 本 明 男

独自罫線分析が強み!東証一部の貸借銘柄で勝負!

投資顧問一筋38年。ヤフーファイナンス投資の達人でもお馴染みの橋本明男氏が最高顧問として助言を行い、無料コラム『わしの罫線』も毎日執筆中。無料推奨銘柄は勿論、電話でも直接相談に乗ってくれたりと充実の無料コンテンツを用意しています。

顧客の利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない、いわゆる成功報酬型のプランも提供していたりと顧客目線・結果重視のスタイルで貫き通す。
橋 本 罫 線 の 生 み の 親 ! 相場のことはチ ャ ー ト に 訊 け!

おすすめの記事
しんどい相場
わしの罫線
日経平均、トピックスは昨日で底が入った感じなのですが、個別の主力銘柄、メガバンク、証券株、トヨタ、ホンダ等がまだ安値を切って来ておりますので...