貧すれば鈍する
【1607ポイントが理想】投資顧問一筋38年、ミリオンストック投資顧問の最高顧問の橋本明男が送る、相場分析と個別銘柄情報。
先週、木曜日のニューヨーク市場は、久々大きく下げ、イブニングの日経平均先物は19350円で終わりました。円ドル相場も108円台まで円高が進みましたので、私、今日の東京市場の動きを注目して見ていましたが、日経平均もトピックスも売られたのは9時11分まで。その後は終日、安値圏でもみ合いとなり、

大引けは日経平均 192円安 19537円
トピックスは 18.19ポイント安 1599.06ポイント
出来高は概算 19億6千万株で終わっております。

相場というものには必ず天井があり、必ず底値が存在致します。今の東京市場は果たして天井を打ってしまったのでしょうか。それとも大きく相場が育つ前にこれも必ずあると言って良い振るい落としなのでしょうか。この見極め、即ち、大局観が相場で勝つ為の一番重要なものです。

市場ではもう19000円は当たり前、下手をすれば18500円という弱気論が支配的になって来ました。下げて来たから次から次へと心理的な下値の節目を口にし出す。これを貧すれば鈍すると申します。

私の相場観測法波動において、これを切れたらまずいという節目を申し上げるなら、日経平均 19440円です。これを大引けで切りますと調整に手間取る可能性が出て来ます。ところがトピックスを見ますと、第一の下値の節目が1588ポイントです。それを切れた所で下値の抵抗線に1555ポイントですから、余裕のチャートです。

もう個別云々はどうでも良い。

日経平均、トピックスは底入れの動きが出るなら全面高が来る。

明日のトピックス、8ポイント高、1607ポイントが理想


では御健闘を祈ります。

投資助言担当 橋本


ミリオンストック投資顧問 : 橋 本 明 男

独自罫線分析が強み!東証一部の貸借銘柄で勝負!

投資顧問一筋38年。ヤフーファイナンス投資の達人でもお馴染みの橋本明男氏が最高顧問として助言を行い、無料コラム『わしの罫線』も毎日執筆中。無料推奨銘柄は勿論、電話でも直接相談に乗ってくれたりと充実の無料コンテンツを用意しています。

顧客の利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない、いわゆる成功報酬型のプランも提供していたりと顧客目線・結果重視のスタイルで貫き通す。
橋 本 罫 線 の 生 み の 親 ! 相場のことはチ ャ ー ト に 訊 け!

おすすめの記事