大きな調整が入るとすれば、それは日経平均、26000円を取ってからと私の相場観測法は考えます。
慎重論もあるが?
今日は9月中間決算の配当落ち日です。配当落ち分は日経平均で155円でしたが、寄付いてすぐ買い物が入り、配当分を埋めてプラスに転じて参りました。

日経平均は 93円高 24033円
トピックスは 0.77ポイント安 1821.67ポイント

出来高は概算 14億9千万株で終わっております。

それにしても日経平均の何と強いことか。25日線との乖離率は4.9%になっております。トピックスは小安く終わったわけですが、今日の大引けは25日線との乖離率が5.26%ですから、日経平均よりも上げているわけです。こうなりますと、一押しあっても良い計算ですが、大相場深押しせず。押し目待ちに押し目無し。とするならば、日経平均の大きな節目となる24270円、これを取ってからの一押しかも知れません。

この水準での調整は、あくまでも売りこなしの動きのはずですので、下げても小幅。日柄も二、三日という感じで見て行くべきではないでしょうか。大きな調整が入るとすれば、それは日経平均、26000円を取ってからと私の相場観測法は考えます。


では御健闘を祈ります。

投資助言担当 橋本


ミリオンストック投資顧問 : 橋 本 明 男

独自罫線分析が強み!東証一部の貸借銘柄で勝負!

投資顧問一筋38年。ヤフーファイナンス投資の達人でもお馴染みの橋本明男氏が最高顧問として助言を行い、無料コラム『わしの罫線』も毎日執筆中。無料推奨銘柄は勿論、電話でも直接相談に乗ってくれたりと充実の無料コンテンツを用意しています。

顧客の利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない、いわゆる成功報酬型のプランも提供していたりと顧客目線・結果重視のスタイルで貫き通す。
橋 本 罫 線 の 生 み の 親 ! 相場のことはチ ャ ー ト に 訊 け!

関連キーワード
わしの罫線の関連記事
  • 強気も急落あらば目が覚める
  • 目先、天井を打った
  • FOMCと日銀政策会合
  • 逆も真なり
  • 連休明け火曜日に注目
  • 三空踏み上げ9ポイント目
おすすめの記事