大変化日
FOMC、日銀金融政策決定会合通過後の相場の方向性。もしも来週19780円を割ってきたら?投資顧問一筋31年、ミリオンストック投資顧問の最高顧問の橋本明男が送る、相場分析と個別銘柄情報。
メジャーSQを通過し、来週から株価の動きこそが材料という本当の相場に戻ります。

SQ算値は 19997.63円で決まり、
大引けは 104円高 20013円
トピックスは 1.25ポイント高 1591.66ポイント
出来高は概算 22億6千万株で終わっております。

日経平均の週足は陰線となって先週末に比べ 164円安 0.81%の下げですが、トピックスの方は1.274%下げております。

これはソフトバンク等の値嵩株が上がった事が原因ですが、4月14日の大底から計算すればほとんど同じ位置取りです。

さて、来週は大イベントFOMC。日銀政策決定会合があります。イベントというものは相場の分岐点になる事が多々ございます。

今までは、FOMCで0.25% 金利を上げる度に円高となり東京市場は大きく下げていました。

今日でもテレビに出て来た解説者がそれを指摘して日経平均は1000円位下げるかもしれないと、公然と言っていました。さて相場とはそんなに単純なものでしょうか。

そこで今日の大引けを受けての私の相場観測法で計算した展望を申し上げます。まず来週の日経平均の変動レンジ

上限 20460円
下限 19780円

以上が計算されます。

この下限を覚えておいて下さい。下限を大引けで切って来るようなら7月中旬まで1ヶ月間18800円位まで可能性は出ます。

来週は今年最大の分岐点。性根を入れて取り組みましょう。私は下げる事などこれっぽっちも考えていません。

では御健闘を祈ります。

ミリオンストック投資顧問 : 橋 本 明 男

独自罫線分析が強み!東証一部の貸借銘柄で勝負!

投資顧問一筋38年。ヤフーファイナンス投資の達人でもお馴染みの橋本明男氏が最高顧問として助言を行い、無料コラム『わしの罫線』も毎日執筆中。無料推奨銘柄は勿論、電話でも直接相談に乗ってくれたりと充実の無料コンテンツを用意しています。

顧客の利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない、いわゆる成功報酬型のプランも提供していたりと顧客目線・結果重視のスタイルで貫き通す。
橋 本 罫 線 の 生 み の 親 ! 相場のことはチ ャ ー ト に 訊 け!

おすすめの記事
セル・メイ
わしの罫線
明日で4月相場が終わります。それを前にして東京市場、個別はマチマチの動きでしたが、日経平均は反発。 大引けは 104円高 22319円 トピ...