意味不明

この記事の要約

トヨタは買いか売りか?SQ通過後の銀行株。投資顧問一筋31年、ミリオンストック投資顧問の最高顧問の橋本明男が送る、相場分析と個別銘柄情報。
円高が109円台前半まで進んでも、日経平均はさほど下げません。前場はプラス圏で推移していましたが、流石にSQ前。2時過ぎから全面的に売られました。

日経平均は 75円安 19909円
トピックスは 6.68ポイント安 1590.41ポイント
出来高は概算 19億8千万株で終わっております。

ここまでの日経平均の動きは順調そのものです。東京市場の顔とも言うべきトヨタは本日も下げ、96円安5806円。この分ですと株価としてあと60円の下げは出る筈。5860円以下は、それこそ天与の買い場と言って良い水準でしょう。

今日現在、PER11.6倍、PBR0.98倍。利回り3.61%。ファンダメンタルズからでも売られ過ぎと言って良いはずです。それでも売る人がいるのは何故か?簡単です。ちょっと今、昨年12月に出来高を伴って7215円まで急騰して行った、その高値期日が今、到来している事。

もう一つは昨日も申し上げましたが、FOMC後に円高となるという、あたかも決まっているかのような憶測です。

ではその憶測が現実となってトヨタがさらに下げるとしましょうか。私の相場観測法で計算する第一の節目5550円です。今日の大引けから256円下。その位なら来週すぐに到達するでしょう。

トヨタの5550円は買いです。ならば逆説でトヨタが5550円示現の後は、円安に向かうと計算されます。日柄の大変化日は

第一 6月13日
第二 6月16日

です。次に、今日の相場で全く理解不能。意味不明なのが銀行株の動きです。 三井住友等は大引けにダレましたが、ザラ場5月8日の高値を抜いて来ました。この動きからして、銀行株はSQ終われば上がって行くと考えられます。大分岐点。

では御健闘を祈ります。


投資助言担当 橋本


ミリオンストック投資顧問 : 橋 本 明 男

独自罫線分析が強み!東証一部の貸借銘柄で勝負!

投資顧問一筋38年。ヤフーファイナンス投資の達人でもお馴染みの橋本明男氏が最高顧問として助言を行い、無料コラム『わしの罫線』も毎日執筆中。無料推奨銘柄は勿論、電話でも直接相談に乗ってくれたりと充実の無料コンテンツを用意しています。

顧客の利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない、いわゆる成功報酬型のプランも提供していたりと顧客目線・結果重視のスタイルで貫き通す。
橋 本 罫 線 の 生 み の 親 ! 相場のことはチ ャ ー ト に 訊 け!
サブコンテンツ

このページの先頭へ