SQ、FOMC通過後の相場はどう動くか、今後は円安?円高?投資顧問一筋31年、ミリオンストック投資顧問の最高顧問の橋本明男が送る、相場分析と個別銘柄情報。
FOMC
円高が止まりません。今日の東京為替市場では、109円の半ばで一日中もみ合っておりました。しかし、今日の株式市場はほとんど下げず。

日経平均は 4円高 19984円
トピックスは 0.65ポイント高 1597.09ポイント
出来高は概算 17億2千万株 で終わっております。

明日は日経平均先物6月限の最終売買日。明後日はSQとなるわけですが、明日の日経平均、もしかしますと120円安、19864円前後まで下げるかも知れません。

そうなったとしましてもSQが終われば、週末金曜日の大引けは20150円前後まで急反発と考えているのですが、そうならないとするならば来週の月曜日までジリ貧相場で、13日火曜日から6月末まで急騰

そんなシナリオを私の相場観測法は考えております。

その為には一にも二にも円安にならなければいけません。私は円高こそが東京市場の上がる時と考えているのですが、今の時代は円安が東京市場の買い材料というのですから、仕方ありません。

今、市場の意見に耳を傾けてみますと
FOMCで利上げを断行したのは過去3回です。

1回目 15年12月16日
2回目 16年12月14日
3回目 17年 3月15日

以上の3回ですが、その後は円高、株安となったのは事実です。従って今回もそのようになるという事で、それを見込んで円高が進み、円高が悪材料のトヨタが売られているのでしょう。

しかし、今後の相場と言うものをそんな過去の例だとか、ああでもないこうでもないという理屈を並べて人間の頭で判別するのではなく、相場は相場に聴け。

私の相場観測法で予測する時、来週から円安。東京市場は急騰とのシナリオが見えてきます。
間違えたらごめんなさい。

では御健闘を祈ります。

投資助言担当 橋本


ミリオンストック投資顧問 : 橋 本 明 男

独自罫線分析が強み!東証一部の貸借銘柄で勝負!

投資顧問一筋38年。ヤフーファイナンス投資の達人でもお馴染みの橋本明男氏が最高顧問として助言を行い、無料コラム『わしの罫線』も毎日執筆中。無料推奨銘柄は勿論、電話でも直接相談に乗ってくれたりと充実の無料コンテンツを用意しています。

顧客の利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない、いわゆる成功報酬型のプランも提供していたりと顧客目線・結果重視のスタイルで貫き通す。
橋 本 罫 線 の 生 み の 親 ! 相場のことはチ ャ ー ト に 訊 け!

関連キーワード
わしの罫線の関連記事
  • 本格下落開始か?
  • 慌てる必要はない
  • ニューヨーク市場の急落が引きがね
  • 上がって買いに行く必要は無い
  • 連休明け波乱の相場か
  • FRBの動向は関係無し
おすすめの記事