ミリオンストック投資顧問の橋本明男が、2018年12月20日(木曜日)の株式相場を独自に解説。"最悪を計算してみますと、日経平均19,770円~19,500円の水準"
撃沈

昨日、ニューヨーク市場はFOMCの0.25%利上げを受けた後、ダウ平均は乱高下。

大引けは、351ドル安の23,323ドルと年初来安値を割りました。円ドル相場は112円の半ばで何も変動が無かったのですが、お昼に日銀の政策決定会合が現状維持を発表しますと円が112円割れ、そして日経平均はザラ場705円安の20,282円まで売り叩かれ、あっさり年初来安値更新

大引けは、595円安の20,392円

トピックスは、38.99ポイント安の1,517.16ポイント

出来高は概算18億2千万株で終わりました。

日経平均が今日、年初来安値を切ったからと言って別に騒ぐことではありません。今日も大きく安値更新ですから、日経平均の下げが遅かった位です。こうなった以上、いついくらで底入れするか、焦点はこの一つです。

最悪を計算してみますと、日経平均19,770円~19,500円の水準です。

そして日柄は最悪、年末12月28日大納会となります。その前の節目というのを探してみますと、ザラ場で19,900円、大引けで20,270円というのもあります。この予測は相場としてあくまでも最悪を考えた場合です。指数はどうであれ、個別の銘柄は理屈の通らない程売り叩かれております。

間違ってここから下げるとするならば、昨日、<8053>住友商事を今日寄付き、第一波、そして月曜日の寄付き第二波で買いに行く方法をお伝えしましたが、銀行、証券、商社、鉄鋼、非鉄金属、全てこの買い方で報われるはず

結論、明日はのんびり構えて週明け月曜日の寄付きから買い出動です。ちなみに<8053>住友商事、本日40円安の1,573円。あっても15,40円前後と思われます。

では御健闘を祈ります。

ミリオンストック投資顧問 : 橋 本 明 男

独自罫線分析が強み!東証一部の貸借銘柄で勝負!

投資顧問一筋38年。ヤフーファイナンス投資の達人でもお馴染みの橋本明男氏が最高顧問として助言を行い、無料コラム『わしの罫線』も毎日執筆中。無料推奨銘柄は勿論、電話でも直接相談に乗ってくれたりと充実の無料コンテンツを用意しています。

顧客の利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない、いわゆる成功報酬型のプランも提供していたりと顧客目線・結果重視のスタイルで貫き通す。
橋 本 罫 線 の 生 み の 親 ! 相場のことはチ ャ ー ト に 訊 け!

関連キーワード
わしの罫線の関連記事
  • ニューヨーク市場と上海市場
  • 月曜日は急反落の可能性を秘めている
  • 典型的な天井パターン
  • 明日は日柄の大変化日
  • もってあと二日位
  • 急落に備えよ
おすすめの記事