究極の大引けは、日経平均23040円。
経験則

【経験則】


ニューヨーク市場の続伸。そして円安と買う材料ばかりの環境でしたが、東京市場は5月以降、日経平均が23000円になると売られるという事を5月、6月、7月と毎月繰り返して来ました。この経験則を踏まえ、今回も22000円まで下げるという事で頭の重い展開が続いております。

今日は寄付いて終わりの相場でございました。日経平均は 9時4分に23032円までありましたが、その後は売られっぱなし、

大引けは 21円高 22869円
トピックスは 0.46ポイント安 1739.14ポイント
出来高は概算 13億9千万株で終わりました。

想定内の動きです。

さて、明日で8月の月足、そして週足が確定致します。ここでお断りですが、私、明日、所用が御座いまして、当欄はお休みさせていただきます。御容赦下さい。

基本的な事を申し上げておきますと、トピックスが20ポイント安までは許容範囲です。余裕!究極の大引けは、日経平均23040円。よほどの急落でもない限り9月相場は大きい。


では御健闘を祈ります。

投資助言担当 橋本


ミリオンストック投資顧問 : 橋 本 明 男

独自罫線分析が強み!東証一部の貸借銘柄で勝負!

投資顧問一筋38年。ヤフーファイナンス投資の達人でもお馴染みの橋本明男氏が最高顧問として助言を行い、無料コラム『わしの罫線』も毎日執筆中。無料推奨銘柄は勿論、電話でも直接相談に乗ってくれたりと充実の無料コンテンツを用意しています。

顧客の利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない、いわゆる成功報酬型のプランも提供していたりと顧客目線・結果重視のスタイルで貫き通す。
橋 本 罫 線 の 生 み の 親 ! 相場のことはチ ャ ー ト に 訊 け!

関連キーワード
わしの罫線の関連記事
  • ここらでスッキリ下げるべき
  • 水曜日位から動きが一変して来ると思われます
  • 外人が売ったのか、日本の機関投資家が売ったのか、私には分かりません
  • 残る重要イベントはG20
  • 重要イベントFOMC、ニューヨークダウの動きが注目されます
  • トピックスに売り転換出現
おすすめの記事
もう下げてくれないかも
わしの罫線
下げて欲しい時には下げず、上げて欲しい時には下げる。相場とはやっかいなものです。私、今日は安寄りして来る事を願っていたのですが、逆に買い物で...