明日、いよいよ日銀の政策決定会合の発表。一、金利をどの位に誘導するか?二、ETF買いがどうなるか。
明日、いよいよ日銀の政策決定会合の発表があります。

注目点は二つ。

一、金利をどの位に誘導するか?
二、ETF買いがどうなるか。


この二つです。誰もが発表の円ドル相場の動き先物の動き、これを見てみたいと思うのは投資家心理、今日はそれを前にしてとりあえず売っておこうの動きに下げました。

日経平均は 167円安 22544円
トピックスは 7.61ポイント安 1768.15ポイント
出来高は概算 14億5千万株で終わっております。

こうした見送り相場の中で、銀行株は全面高。相場は森羅万象、全ての材料を内包して動くと言いますが、であるならば、日銀はマイナス金利を終了し、若干高めの金利誘導をすると思われます。市場解説者と言われる人のコメントでは、金利を高めに誘導すると円高となり株も下げるという事が言われています。確かに金利が上がる通過は買われて当然でありますが、であるならば、16年1月29日、日銀がマイナス金利を導入した時はどうであったか振り返っていただきたい。

2月に入って日経平均は17865円から14952円まで暴落。円ドル相場は 121.48円から5ヶ月間98.907円まで急激な円高となりました。今申し上げた市場関係者という人の見解の全く逆現象となったわけです。

要するに株が下がる所に来ていれば材料をキッカケとして下がるし、株価が下がったから円高を起こったとしか言い様がありません。同じ材料でも株は上がる事もあるし下がる事もある。そのポイントはどこにあるか?私は国債の先物と見ております。明日の予測はしません。する必要もない。どう見ても強気一貫。


では御健闘を祈ります。

投資助言担当 橋本


ミリオンストック投資顧問 : 橋 本 明 男

独自罫線分析が強み!東証一部の貸借銘柄で勝負!

投資顧問一筋38年。ヤフーファイナンス投資の達人でもお馴染みの橋本明男氏が最高顧問として助言を行い、無料コラム『わしの罫線』も毎日執筆中。無料推奨銘柄は勿論、電話でも直接相談に乗ってくれたりと充実の無料コンテンツを用意しています。

顧客の利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない、いわゆる成功報酬型のプランも提供していたりと顧客目線・結果重視のスタイルで貫き通す。
橋 本 罫 線 の 生 み の 親 ! 相場のことはチ ャ ー ト に 訊 け!
おすすめの記事