早過ぎるが二番底
二番底。日柄の変化日明けに注目。
今年の相場は早すぎる、大きすぎるという動きが続き、投資家の不安真理を煽っている様に見えます。 今日の東京市場は、昨日のニューヨークダウの600ドル安を受けて急落。日経平均の安い所は、21484円と785円安までありました。 大引けは 459円安 21810円 トピックスは 33.5ポイント安 1638.45ポイント 出来高は概算 16億1千万株で終わっております。 相場というものは二番底なるものが必要です。必要のない場合もありますが、今日の東京市場は、トピックスが10月に年初来安値を叩きましたから、どうしても二番底は必要です。従いまして、いずれは下げる事は分かっていたのですが、まさかここで来るとは私も思っていませんでした。とにもかくにも、ここで二番底を入れる、そして日柄の変化日が明ける来週からはいよいよ本格相場が始まります。 今日のザラ場の安値で、日経平均、トピックス、そして個別の銘柄も底が入った事は間違いない。あとは底値固めに二日間かかる。この二日間こそが最後の買い場となる。私の相場観測法はそう考えます。 では御健闘を祈ります。
投資助言担当 橋本
ミリオンストック投資顧問 : 橋 本 明 男

独自罫線分析が強み!東証一部の貸借銘柄で勝負!

投資顧問一筋38年。ヤフーファイナンス投資の達人でもお馴染みの橋本明男氏が最高顧問として助言を行い、無料コラム『わしの罫線』も毎日執筆中。無料推奨銘柄は勿論、電話でも直接相談に乗ってくれたりと充実の無料コンテンツを用意しています。

顧客の利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない、いわゆる成功報酬型のプランも提供していたりと顧客目線・結果重視のスタイルで貫き通す。
橋 本 罫 線 の 生 み の 親 ! 相場のことはチ ャ ー ト に 訊 け!

おすすめの記事