週明けの東京株式市場、普通に考えればどう見たって底入れです。しかし今年に入っての相場は、この常識が当てはまりません。ニューヨーク市場も然りです。ただし個別の銘柄においては、もう買い下がりの気持ちで仕込みに行ってかまいません。今日の安値を切る場面があるなら、それこそ目先天与の買い場といえます。
粘り腰
先週末のニューヨーク市場の急落を受けまして、全面安で始まった週明けの東京株式市場。日経平均は20347円と270円安までありましたが、さすがに値頃感が出て来た様で大きく戻して参りました。

大引けは 148円高 20766円
トピックスは 6.38ポイント高 1671.32ポイント
出来高は概算 15億8千万株で終わりました。

普通に考えれば、どう見たって底入れです。

がしかし、今年に入っての相場は、この常識が当てはまりません。
ニューヨーク市場に致しましても、先週末の大引け23533ドルは、もう一段下、23100~22700ドル位があっても当然という様な大引けです。

ただし、個別の銘柄の動きを見ますと、どれもこれも下げ過ぎです。今度、日経平均が大きく下げて18500円までの暴落が起こるとしても、それは、ここで23000円前後まで戻ってからの話し合いになります。

個別の銘柄においては、もう買い下がりの気持ちで仕込みに行ってかまいません。今日の安値を切る場面があるなら、それこそ目先、天与の買い場といえます。

逆に言いますと、ここまで下げた以上、日経平均2万円割れが出た方がすっきりするでしょう。

では、御健闘を祈ります。

投資助言担当 橋本


ミリオンストック投資顧問 : 橋 本 明 男

独自罫線分析が強み!東証一部の貸借銘柄で勝負!

投資顧問一筋38年。ヤフーファイナンス投資の達人でもお馴染みの橋本明男氏が最高顧問として助言を行い、無料コラム『わしの罫線』も毎日執筆中。無料推奨銘柄は勿論、電話でも直接相談に乗ってくれたりと充実の無料コンテンツを用意しています。

顧客の利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない、いわゆる成功報酬型のプランも提供していたりと顧客目線・結果重視のスタイルで貫き通す。
橋 本 罫 線 の 生 み の 親 ! 相場のことはチ ャ ー ト に 訊 け!

関連キーワード
わしの罫線の関連記事
  • 多少の誤差あれど下げ予想
  • 急落示唆、明日は変化日
  • まだ足りない
  • あくまで9月3日の底入れを未だに変えておりません
  • 短期的には節目まで戻す可能性あり
  • ほぼ予想通りの動きであったと思います
おすすめの記事