2018年の「トレンド予測」とお宝銘柄|本村健の投資道場

この記事の要約

テレビや新聞でご覧になった方も多いと思いますが、【6098】リクルートHDが今週、2018年のトレンド予測とトレンドを表すキーワードを発表しました。その中で来年、相場になりそうなキーワードを抜粋してみたいと思います。

こんにちは。本村健です。

今年も残すところわずかですが、忘れてはならないのが大掃除

新年を気持ち良く迎えたいと、普段はやらない窓ガラスやエアコンフィルターなどを掃除しようと考える方も多いと思います。

窓ガラス掃除には、スプレーで水や洗剤を吹きかけ、タオルで拭く方も多いかと思います。

ただ、ふき取る際にムラができてしまうので、ガラスの水切りをする際に用いられる「スクイジー」という掃除道具が便利です。

急激な乾燥で加湿器を設置している方も多いと思いますが、結露対策にも有効。

最近では100円ショップでも販売していますが、掃除マニアのわたしとしては、エアコンフィルターの掃除に役立つ「毛ブラシ」と共に、2大オススメ商品の一つです。是非、お試しください!笑


2018年の「トレンド予測」とお宝銘柄

さて、相場の方に話を移しますが、テレビや新聞でご覧になった方も多いと思いますが、【6098】リクルートHDが今週、2018年のトレンド予測とトレンドを表すキーワードを発表しました。

その中で来年、相場になりそうなキーワードを抜粋してみたいと思います。

美容領域:「来るスマ美容師」

2018年は介護保険制度改正、介護報酬改定の年であり、高齢者向けの美容・健康など、関連サービスのも新しい動きが予想されます。

美容業界においてはサロン数が増え続け、人口の減少とともに業界内で競争が激化しています。

美容室に行くのが困難な高齢者のもとへ「スマイルを届けに来てくれる美容師」が増加の兆し。

【4679】田谷:直営美容室を全国にチェーン展開、関東首都圏と福岡が地盤。低価格業態『シャンプー』も出店。

現在は店舗型経営になっていますが、派遣型が進めば家賃はいらず、車両で右から左へ、美容師を動かすだけです。大手が参入してくれば業界全体の末端まで動きが拡大しそうです。

アルバイト・パート領域:「年功助力」

「忙しい時間帯に働ける人がいない」「経営に支障が出る」など、人材確保の難易度は上がり続けています。

一方で、60歳以上の就業希望者は、時間の融通がきき、労働意欲も高いですが、現状多くの企業は採用には未だ消極的です。

そのような中でも「戦略的にシニアを採用し、活かす企業」が出てきています。

従来ネックとされてきた体力や新しい技術への対応も、健康フォローやIT技術を活用した企業サポートで解消しており、人生経験=”年の功”を活かし、企業力を高める会社が現れてきています。

【6198】キャリア:人材派遣のシニアワーク、介護施設に看護師・介護士派遣のシニアケアが注力。

一般企業や官公庁へホワイトカラー職派遣を広げシニアワークも拡大しています。シニア世代の活用は1億総活躍社会の実現に関係します。

少し脱線しますが、平成29年の世相を1字で表す「今年の漢字」が発表され「北」に決まりました。

協会によりますと、理由としては北朝鮮のミサイル発射や九州北部豪雨、プロ野球日本ハム(北海道)の大谷翔平の大リーグ移や清宮幸太郎選手の入団、競馬のキタサンブラックの活躍がなどが挙がったそうです。

来年も、「北朝鮮問題」は引き続き尾を引きそうです。【6208】石川製作所【6203】豊和工業【4274】細谷火工などが再度、動意付く動きとなるのでしょうか。

話しを戻しますが、上記で触れました「トレンド予測」ですが他にもキーワードを発表しています。「お宝銘柄」が潜んでいるかもしれません!

解説が長くなりましたが、その中で一番良さそうなキーワードと個別銘柄を当コラムの「個人的に気になる銘柄」で、ご紹介しますので、最後まで是非ご覧下さいませ。

(※「個人的に気になる銘柄」は株マイスター会員様限定で公開している内容です。ご了承ください。)


大きく下げない日本株、「餅つき相場」へ突入か。

週明けの日経平均は、前週末の米国株の最高値を更新の流れを受けて今年の最高値を上回り、約26年ぶりの水準となり終値ベースでバブル崩壊後の高値を更新しました。

8日の米国雇用統計の結果が良好となり米国株高が支援材料となったほか、後場から日銀によるETF買い観測もあり、一段と値を伸ばす格好となりました。

14日の取引では、FOMCで追加利上げを発表したものの、米国株は堅調に推移。ただ、公表した声明によると2018年以降の経済見通しに不透明感が残り、米国の利上げペースの鈍化が意識され、ドル円相場も円高に傾いた事で日経平均は小幅安で推移。

その後も円高傾向が続き、日経平均は25日線(22548.82円)まで調整しましたが・・警戒しておきたのはやはり米国の利上げ。

幾度となく利上げを発端とした荒れ相場が到来しています。海外勢が休みに入る直前なので、市場への影響は限られていますが、年明けにまとめて動く可能性があることは念頭に置いておきましょう。

ところで、来週ですが火曜日には、先日ご紹介しました上野動物園の「シャンシャン」の一般公開が開始されます。

マスコミの話題を考えると前日の月曜日には「パンダ関連株」は仕込み場かもしれませんよ。

ちなみに、今週で海外勢の買いは一巡。来週からはクリスマス休暇に入ると言われているので、来週からは個人主体の年末特有の「餅つき相場」へ突入する可能性があります。材料・テーマ株の逆張り狙いで強気の姿勢で攻めるのも一つでしょう!

それでは、また来週お会いしましょう。本村健でした。

株マイスター:本村健
「株をやるなら必ず勝て!」投資道場を連載中! 一成証券(現三菱UFJ証券)、高木証券にて活躍した元・証券マン。「投資の達人」としても知名度が高く、現在は株マイスターで毎週土曜に『本村健の投資道場』を連載中。

株マイスターは『個人投資家第一主義』を掲げ、無料で読める銘柄情報は『本村健の投資道場』だけではなく、ご登録特典の『厳選注目3選銘柄』や毎週頭に今週の相場見通しを配信中!「売買の目安」や「推奨した根拠」なども明記しており、テーマ株をはじめとした短期間での動きが期待できる銘柄を数多く提供しています。

業界でも先駆けて設置したメールでの『無料銘柄相談』に留まらず、携帯電話からも利用できるフリーダイヤルを導入。アナリストが直接対応致しますので保有株の相談を始め、気軽にお問い合わせ下さい。
攻める投資で材料・テーマ株を一本釣り!
サブコンテンツ

このページの先頭へ