こんにちは。本村健です。

株マイスター会員の皆様、こんにちは。本村健です。

先週ですが、わたしの住む浅草では酉の市(一の酉)が開かれました。

来年にかける思いと商売繁盛を願い、毎年、縁起物の熊手を持って歩く人の列を多く見かけます。

わたしはまだ、行っていませんが今年は(三の酉)までありますが地元の知人に聞いた所、今年は昨年と比較にならないほど参拝客が多く、行列が出来ていました。

今年は株価上昇や景気の良さもあり、来年を期待する向きの表れかもしれませんね。


アカツキ騒動と、あの長寿バラエティ番組の終了に思う「火消し株」の妙味。

さて、今週は以前から気になっていた1社をクローズアップしたいと思います。

それが【4676】フジ・メディア・ホールディングス

過去には、視聴率の取れる冠番組が多数ありましたが、最近ではバラエティー・報道番組・ドラマといずれも視聴率の低迷が続いています。

面白い番組が作れなくなったのは、企業に一番の責任がありますが、そもそも番組制作自体が難しくなったように感じます。

ネットもあり、昔に比べて視聴者の考え方が変わってきていて、過激な内容や差別を思わせる言動も過敏に、反応されれるようになったので、お笑い芸人や制作会社も頭を悩ませている事でしょう。

お昼の長寿番組だった「笑っていいとも」が番組を終了しましたが、先日は長寿バラエティー番組だった「めちゃイケ」、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の2番組が終了を発表しました。

とんねるず世代のわたしとしては、好きだった「男気ジャンケン」のコーナーが見れなくなるのはさみしいものです。

前説が長くなりましたが、人気番組を打ち切り、思い切った行動に出た背景には7月1日に新社長に就任した「宮内正喜」氏の存在があります。

新体制のもと、来年に向けて改革しようと動き出しており、番組タイムテーブルの見直しのほか、動画配信事業へ注力する方針を示しています。

宮内社長の計画からもわかりますが、メディア業界ではテレビであげられる利益が減少しているので、動画配信などネットの活用が進んでいます。

【4751】サイバーエージェント「AbemaTV」のようなインターネットテレビは、視聴が個人の判断に委ねられるので、以前のような過激な内容で制作することができるというメリットがあります。

個人の意見ですが、いち視聴者としては、少しやり過ぎかな?とかやらせかな?って思うくらいの番組の方が、見ていて楽しく感じます。(娯楽は多少誇大な部分がある方が面白いと思うのはわたしだけでしょうか。)

いまのテレビはネット経由の視聴者の声が大きいので、制作側もがんじがらめにされていますが、是非とも動画配信で過去の栄光を取り戻して欲しいものです。

ところで、ネットと言えば今週は【3932】アカツキ誤表記騒動で炎上しましたが、ここで銘柄選定に役立つ見方を一つ。

ゲームだけでなく、フジを始めテレビ業界でも炎上は恐ろしいもので、火消しに対しては相当な労力を費やします。

その為に、「炎上対策」や乗っ取りやハッキングが起こらないように「セキュリティー対策」に注力するメディア企業が増えています。

関連銘柄を探してみると、意外なお宝が見つかるかもしれませんよ。ご参考に。


換金売りは一巡、来週から攻勢へ

週明けの日経平均は米国株の株高が一服し、利益確定売りが先行し、下げ幅は300円を超えてスタート。

その後も弱含む地合いが続き、日経平均は一時25日線まで下げる場面が見られました。

週の後半にかけては切り返したものの、突然の売りに不信感を抱く声も・・。

ですが、当コラムの読者の方なら、焦らずに対処できたかと。

11/15前後までは「ヘッジファンドの換金売り」が出る、まさにこの通りの展開となりました。

16、17と切り返しているところを見ても、売りは一通り落ち着いた見通し。そろそろ中小型株物色が本格化するでしょう。

来週は「勤労感謝の日」で立会い日数は4日となりますが、決算が出そろった事で証券会社や機関投資家も、中小型株の業績内容の見直しに動くかと思います。

米国株と為替が落ち着いてくれば、年末まで安心して取り組みを進める事ができそうです。

それでは、また来週。本村健でした。

株マイスター:本村健
「株をやるなら必ず勝て!」投資道場を連載中! 一成証券(現三菱UFJ証券)、高木証券にて活躍した元・証券マン。「投資の達人」としても知名度が高く、現在は株マイスターで毎週土曜に『本村健の投資道場』を連載中。

株マイスターは『個人投資家第一主義』を掲げ、無料で読める銘柄情報は『本村健の投資道場』だけではなく、ご登録特典の『厳選注目3選銘柄』や毎週頭に今週の相場見通しを配信中!「売買の目安」や「推奨した根拠」なども明記しており、テーマ株をはじめとした短期間での動きが期待できる銘柄を数多く提供しています。

業界でも先駆けて設置したメールでの『無料銘柄相談』に留まらず、携帯電話からも利用できるフリーダイヤルを導入。アナリストが直接対応致しますので保有株の相談を始め、気軽にお問い合わせ下さい。
攻める投資で材料・テーマ株を一本釣り!
関連キーワード
投資道場の関連記事
  • 「亥(い)固まる」猪突猛進!2019年干支銘柄|本村健の投資道場
  • 「45日ルール」と海外投資家の気になる動向|本村健の投資道場
  • 落ちた株価はいつ拾う?|本村健の投資道場
  • 「消費増税」に絡んだ3つのキーワード|本村健の投資道場
  • 女は愛嬌、相場は度胸。|本村健の投資道場
  • 国策銘柄3つのキーワード|本村健の投資道場
おすすめの記事