荒れに荒れた今週のマーケット。ロシアでのテロ、北朝鮮のミサイル発射、米国のシリアへの砲撃など、これほど地政学リスクという言葉が似合う1週間も珍しい。ただ、今週の下げの原因は別にあるようです‥。

こんにちは。本村健です。

今週、わたしの地元の隅田公園に花見に行ってきました。

平日と言う事もあり週末より花見客が少なく、絶好のスポットで位置取り。

前日のニュースでは上野公園の桜は満開といっていましたが、今年に限っては、桜の木や場所によって咲き方がまばらで、咲きが鈍化している印象を受けました。

その分、今年の桜は持ちが良く、長く楽しめるなと去年と比較しての個人的な感想です。

おでんや焼きそば煮込みなどを買って一杯やっていると酒が進み、桜を見ながら毎年、日本人で良かったと改めて実感していました。笑

さて、マーケットに話を移すと、のんきな事ばかりも言ってられません。

今週は大荒れに荒れました。

4日にロシアでおきたテロや北朝鮮のミサイル発射、米国もシリアにミサイルを撃ち込み、これほど地政学リスクという言葉が合う1週間も珍しいなと感じています。

当然の如く全面安となりましたが、その中で「防衛関連株」に注目が集まり逆行高。

先月のコラムでご紹介した【6208】石川製作所は連日でストップ高を付け、週内だけで株価は1.5倍ほどまで高騰【4274】細谷化工も値幅制限いっぱいに買われ急動意しています。

同じく4日、シリアで空爆があり化学兵器が使用され大勢の人たちが呼吸困難に陥り、口から泡を吹いたり、けいれんしたりしたそうです。100人以上が死亡しましたが、ロイター通信は米政府当局者の話しとして猛毒サリンが使われたとの見方が伝えられました。

これを受けて、防毒マスクを製造する【7980】重松製作所が高騰しています。

いずれも動いて欲しくない銘柄たち・・見通し自体は当たりましたが大手を振って喜べません。


今回の下げの正体は・・「需給面」!?

さて、上記のような外部環境が嫌気され相場が大暴落したと言われているわけですが、ここで疑問が一つ。

「なぜ米国がシリアにミサイルを発射した4月7日に相場は暴落しなかったのか?」

ミサイルが発射されたとあれば、普通に考えると日経平均が100円、200円下げてもおかしくありません。しかし、この日の取引では下げるどころか、指数は大引けにかけて買われ、結局プラスで取引を終えています。

ここで1つの仮説が生まれます。

実は、今週の相場下落の原因は地政学リスクではないのではないか・・?

今回の下げの正体は「需給面」でしょう。

投資主体別売買動向に目を向けても、海外勢がさほど売り越していないところを見ると、今回の下げが海外勢主体というのも考えにくいです。

かといって、足元で売り向かっていた個人投資家の勢いが急に勢いを増すというのもナンセンス。

恐らく、トランプラリーが始まった時に信用で買っていた個人投資家が、半年の期日を前に持ち株の売却を進めてきた事が影響しているのではないかと、判断しています。

もちろん機関投資家も当時は買っていたわけですから、半年が経過したことに加え、新年度に入りポジションの入れ替えが行われた可能性があります。

いずれにしても、地政学リスクという理由はあくまできっかけに過ぎず、下落の本質はトランプラリーというのがわたしの見方です。

その為、売りが落ち着けばすぐに下げ止まるだろうと楽観視しています。

わけのわからない下げは長くは続きませんので、あまり心配なさらずに、押し目を狙っていきましょう。


テーマ株にそろそろ目を。ただし、追証売りに注意!

今週のマーケットについては、上記でお伝えしてしまったので今週は軽く大事なポイントをお伝えします。

需給が原因とは言え、来週までは「トランプ・リスク」を警戒した売りが生じる可能性があります。

個人的には指数の影響を受けにくく、低調だったマザーズ銘柄に資金が流入し逆転現象があると踏んでいます。

不要な下げで値を落としている銘柄も多く、安く拾いやすい点もポイント。

ただし、今週の下げで追証の売りが出やすいので、信用買い残が多い銘柄については、リバウンドが確認されてからが賢明です。

また、テーマ性としては今週報道されたビックカメラのピットコインでの支払い可能になるという報道。

「仮装通貨」「カジノ」が再び動意付いてくるかと考えています。

ここからは手腕が試される所。ビックチャンスはこれからですよ!

それでは、また来週お会いしましょう。本村健でした。

株マイスター:本村健
「株をやるなら必ず勝て!」投資道場を連載中! 一成証券(現三菱UFJ証券)、高木証券にて活躍した元・証券マン。「投資の達人」としても知名度が高く、現在は株マイスターで毎週土曜に『本村健の投資道場』を連載中。

株マイスターは『個人投資家第一主義』を掲げ、無料で読める銘柄情報は『本村健の投資道場』だけではなく、ご登録特典の『厳選注目3選銘柄』や毎週頭に今週の相場見通しを配信中!「売買の目安」や「推奨した根拠」なども明記しており、テーマ株をはじめとした短期間での動きが期待できる銘柄を数多く提供しています。

業界でも先駆けて設置したメールでの『無料銘柄相談』に留まらず、携帯電話からも利用できるフリーダイヤルを導入。アナリストが直接対応致しますので保有株の相談を始め、気軽にお問い合わせ下さい。
攻める投資で材料・テーマ株を一本釣り!
おすすめの記事