6月の終わりが近づいたこの時期は、疫病関連が物色され殺虫関連株が買われる事があり、先日報道が出た「ヒアリ」に今年は密かに注目しています。相場では【7312】タカタが気になる。「触らぬ神に祟りなし」買わない方がいい株は他にも・・
「触らぬ神に祟りなし」買わない方がいい株は・・|本村健の投資道場

こんにちは。本村健です。

6月も終わりに近付き、クーラーなしではそろそろ寝苦しくなる今日この頃。

窓を明けて寝ていたところ、知らぬ内に蚊に色んな箇所を刺されていました。

先日、少し取り上げましたがこの時期は、疫病関連が物色され殺虫関連株が買われる事があります。

わたしが気になっているのは「ヒアリ」

蟻の一種ですが、刺されるとやけどのような激しい痛みがあるばかりでなく「アナフィラキシーショック」を起こし、時に死に至るとも言われています。

先日、神戸港のコンテナヤードから見つかったとの報道があり、今年は「モスキート」では無く「アント」に密かに注目しています。マジです。


「触らぬ神に祟りなし」買わない方がいい株は・・

さて、相場に話を移しますと、気になるのが【7312】タカタ。

エアバックの異常破裂問題に関し負債総額は1兆円超え。民事再生法の適用申請に向けて最終調整に入ったとの報道を受け、16日の取引では終日売買停止となりました。

負債総額は1兆円規模と、製造業では戦後最大。26日にも民事再生法の適用を東京地裁に申請する方針で、タカタは法的整理の申請へ向けて最終調整にはいりました。

同社の年初来高値は1月5日の1233円。

22日には上場来安値を更新していましたが、金曜の取引では45%もの暴騰。こんなギャンブル銘柄によく資金を突っ込めるなーと眺めていました。

過去のコラムでも、解説しましたがケチの付いた株と伸びきった株には手を出さないとわたしは教訓にしています。

2度の不祥事を出し、上場廃止の観測もあり免れた【7211】三菱自動車や台湾企業の支援を受け持ち直した【6753】シャープのような例もありますが、落ちるナイフを掴むのは賢いやり方だとは思えません。

証券マン時代の話しですが世の中には変わった方もいて、投資資金を失っても良いと元金が2倍・3倍以上になるならイチかバチか勝負したいと、割り切っているからいいだろと言うお客さんがいましたが、いずれも長く続きませんでした。

この会社は潰れないだろうとか、これだけ下がったのだからリバウンドがあるだろうとか、何の根拠もないのにめいっぱい買ってしまい、最終的には上場廃止となり大損し去っていくのです。

現物ならまだしも、信用買いをした場合は、追証どころか損金しか残らない状況になりますので、自殺行為でしかありません。

安易な発想で相場は一回の取引で大やけどする時もありますので、皆様はくれぐれもお気を付け下さい。

今週も、各紙新聞でも報じられました【6502】東芝ですが米原子力事業でこちらも1兆円以上の特損を出し来年の3月までに債務超過を解消できなければ上場廃止となります。

信用残をみても拮抗していますが、この株をどう思うかと聞かれたら「触らぬ神に祟りなし」と言いたいですね。実際の所、金策で東芝の役員達でさえこの先はどうなるかはまだわからない状況だと思います。

保有している方がいるのであれば手仕舞いして、まともな株に投資する方が懸命でしょう!あえて火の中に飛び込む必要はありません。

タカタのように新聞やマスコミ、株価に惑わされてはいけませんよ。


不可解な【2121】ミクシイの急落

週明けの日経平均株価は続伸。前週末の米ダウ平均が上昇したことを好感した買いが広がり、為替の落ち着きもあり電気株や小型株を中心に幅広い銘柄が値上がりし、再び2万円を回復しました。

外国為替市場では日米金利差の縮小観測を背景に円買いが先行したものの、下値の堅さが示されたことでドル買いが進み111円台前半まで円安が進行。ただ、上値を追うだけの材料には乏しく、日ばかりでセクターや銘柄が買われる方向感の欠ける展開となりました。

反面、新興市場は大きく動きを見せています。

日経ジャスダック平均は続伸し約26年ぶりに高値を更新、東証マザーズ指数も続伸し1年2か月ぶりに1200ポイントを回復してきました。

これで終われば、来週も新興株中心に攻めましょうで終える事ができるのですが、気がかりなのが23日の取引。マザーズ主力の【2121】ミクシイが8%ほど値を落とし、指数そのものも3%超の下落を記録しています。

一旦、新興株物色が終わった可能性があります。ここからの買付は、高値圏にあるものではなく出遅れ感のある、物色遅れが見られているものを中心に取引した方が賢明でしょう。

それでは、また来週お会いしましょう。本村健でした。

株マイスター:本村健

「株をやるなら必ず勝て!」投資道場を連載中!

一成証券(現三菱UFJ証券)、高木証券にて活躍した元・証券マン。「投資の達人」としても知名度が高く、現在は株マイスターで毎週土曜に『本村健の投資道場』を連載中。

株マイスターは『個人投資家第一主義』を掲げ、無料で読める銘柄情報は『本村健の投資道場』だけではなく、ご登録特典の『厳選注目3選銘柄』や毎週頭に今週の相場見通しを配信中!「売買の目安」や「推奨した根拠」なども明記しており、テーマ株をはじめとした短期間での動きが期待できる銘柄を数多く提供しています。

業界でも先駆けて設置したメールでの『無料銘柄相談』に留まらず、携帯電話からも利用できるフリーダイヤルを導入。アナリストが直接対応致しますので保有株の相談を始め、気軽にお問い合わせ下さい。

攻める投資で材料・テーマ株を一本釣り!

関連キーワード
投資道場の関連記事
  • プロ野球の日本一は<9024>西武HDを予想!
  • 台風で脚光浴びる「地味な企業」
  • 個別株も下がっている原因は<9984>ソフトバンク?
  • ドライブレコーダー関連から見えた第二の<3038>神戸物産
  • 準備開始。そろそろ明るい材料に目を
  • この先の投資に関わる非常に「重要な話」
おすすめの記事
様変わり
わしの罫線
私が小欄で底入れ宣言をしたのは丁度一週間前。4月19日(水)、日経平均13円高、18432円と終わった日です。あの時、私の底入れ宣言を信じて...
売り仕掛けの可能性あり
未分類
昨日、ニューヨークダウは237ドル安と急落、これを受けまして今日の東京市場も急反落。 日経平均は、256円安の21,003円。 トピックスは...