株マイスターコンサルタントの本村健が、2019年3月17日(日曜日)に幅広い知見から潮目を読む。"タイミング的に、そろそろ思惑から物色対象に。"
訪日客誘致に「多言語対応へ補助金」!関連する銘柄に注目。

皆様、こんにちは。本村健です。

今週ですが、ぎりぎりでしたが税務署へ確定申告へ行きました。

午前中にも関わらず沢山の人で、会場は長蛇の列。

慣れている方はインターネットで申告をしますが、わたしは節税対策で青色申告をしているので申告決算書を作成するためと、税の相談が無料で出来るため税務署で申告しています。

税務署の職員さんは1人に対して4人位の納税者の対応をしており、人によって申告内容は異なりますが、次から次へと来る質問攻めに大変だなと思いました。

長時間並びましたが、パソコン入力の出来る人と出来ない人が分かれており、人間ウオッチをしていると高齢の方は苦手として職員にすべて入力を頼んでいる方が多かったです。

意外にも、若い方も出来ないですと言う方を何人か見かけました。

新聞で読んだ事がありますが、今の若者はスマホがあるためパソコンの必要性を感じないため、新入社員はいざ入社するとパソコンで苦労する事も多いそうです。

隣のオジサンは、登録した8ケタのパスワードが思い出せずに、職員から何度失敗しても大丈夫と言われ、わたしが入力が終わった後も苦戦していました。笑

電子決済や、スマホや声で電気やエアコンが付く便利な生活になりましたが、システムの急速化が進み世間では追いつけていない人も多いのではないでしょうか?

むしろ、追いついている人たちの方が一握りな印象です。

訪日客誘致に「多言語対応へ補助金」、関連する銘柄に注目

さて、話は変わりますが今週は14日付けの産経新聞から気になった記事を一部抜粋。関連銘柄2社を取り上げてみます。

訪日客誘致「多言語対応へ補助金

政府は13日の観光戦略実行推進会議で、訪日外国人客のさらなる誘致に向けた環境整備の計画を示した。年度内に50カ所以上の観光地に補助金を出し、外国語案内の強化などを促す。

補助金は1カ所あたり5千万円程度で、交付を受けた市町村などが観光案内の「多言語化」や「Wi−Fi環境の整備」、キャッシュレス決済推進などの事業費に充てる。再来年度までに対象の観光地を100カ所に増やす考えだ。

外国人が農村に泊まる「農泊」を実施する地域への補助も行うほか、「公共交通機関」や国立公園などでも多言語対応とWi−Fi環境整備を進める。

出展:産経新聞

この記事から注目する企業ですが、<4344>ソースネクストはPC用低価格ソフトが中心。ウイルス対策はシェア上位。自動通訳機のポケトークがヒット中

上記の記事で観光案内の多言語化ですが同社の商品は、74言語に対応し、まるで通訳がいるかのように対話できる高性能のAI翻訳機POCKETALK(ポケトーク)を発売しています。

商品価格は、2〜3万前後で購入でき、手のひらサイズで簡単で使いやすく日本製品は素晴らしいと、外国人観光客が快適な日本旅行にしたいとその場で購入する方も多い様子。

また、今年に入り同社の製品「POCKETALK W」が、JR西日本の京阪神エリア内の11駅において、訪日外国人への接客ツールとして採用されることになったと発表しています。

JR西日本では、乗り換え案内や切符の種類の説明など各種案内に活用する方針で、その他の駅にも順次導入予定としているようです。

手軽で使いやすいことから評価を受け導入する企業の引き合いが続いていますが、この商品が採用される可能性が高いと注目しています。

株価は、先月に発表されました決算数値が期待された数値に及ばず、下押し調整局面に入っていますが、収益寄与に対する期待はこれからだと考え再燃すると注目しています。

もう1社は、<9419>ワイヤレスゲート。他社インフラ借りて公衆無線LAN、WiMAXサービス展開。ヨドバシ等で販売する企業。

同社は、公衆無線LAN事業者や通信事業者からインフラを借り受けて、法人や個人向けに高速無線データを提供し、ワイヤレス・ブロードバンド関連事業を展開しています。

浅草や鎌倉、ニセコなどの観光地で国内外の観光客に無料Wi−Fiサービスを提供し実績を積み重ねています。

材料難の中では、両銘柄ともに注目を集める公算があります。

話題の銘柄 Pick UP:<4326>インテージホールディングス

今週は日本で唯一、消費・販売の両パネル調査網持つ、市場調査分野で国内首位の<4326>インテージホールディングスを取り上げてみましょう。

今週も、先週に引き続き選挙関連株に注目したいと思います。

4月7日から都道府県と政令市の首長、議員の統一地方選挙が始まりますが、7月には本丸の参院選が予定されており今年は選挙イヤーだと言えます。

同社は、500万人超えのモニター数を持ち、選挙があるとテレビ局や新聞社などのマスコミからインターネットを使った世論調査の調査依頼がきます。

また、来年の夏には任期満了を迎える東京都知事選も控えており同社にとっては、ここ2年間は追い風の年といえるでしょう。

PERは11倍で、一株利益は70円。現値は、年初来安値の近辺にあり買いやすい水準にあります。

タイミング的に、そろそろ思惑から物色対象になるだろうと、こちらも先回りで挙げて置きます

話しは変わりますが、先週に取り上げました防衛関連株ですが週明けの月曜日は暴騰し翌日の火曜日には暴落。

空売りで、ご紹介したこの関連株は月曜日には高値引けで終わる銘柄が多かったですが、実践して売りを行った投資の方は度胸のある方でおめでとうございます

北朝鮮に、暴発的な動きがなければ依然、戻り売りと考え向こう数か月で現値より緩やかに下落が続き、上昇前の水準へ里帰りすることになると思います。

保有されている、勝負師の投資家はそのまま継続されてみてはいかがでしょうか?

そうでない方は、利食い千人力で。

そして、お待たせしました!過去のコラムで買いでご紹介しました<7709>クボテック<9969>ショクブンをお持ちの方は、来週の株価が高い場面では利益確定を行ってください。

それでは、また来週にお会いしましょう。本村健でした。

※『本村健の投資道場』は株マイスターサイト内で毎週土曜日に連載しており、会員様限定情報として気になる銘柄も掲載しています。

気になる銘柄は、こちらから無料メルマガ登録頂くことでご確認頂けます。

株マイスター:本村健

「株をやるなら必ず勝て!」投資道場を連載中!

一成証券(現三菱UFJ証券)、高木証券にて活躍した元・証券マン。「投資の達人」としても知名度が高く、現在は株マイスターで毎週土曜に『本村健の投資道場』を連載中。

株マイスターは『個人投資家第一主義』を掲げ、無料で読める銘柄情報は『本村健の投資道場』だけではなく、ご登録特典の『厳選注目3選銘柄』や毎週頭に今週の相場見通しを配信中!「売買の目安」や「推奨した根拠」なども明記しており、テーマ株をはじめとした短期間での動きが期待できる銘柄を数多く提供しています。

業界でも先駆けて設置したメールでの『無料銘柄相談』に留まらず、携帯電話からも利用できるフリーダイヤルを導入。アナリストが直接対応致しますので保有株の相談を始め、気軽にお問い合わせ下さい。

攻める投資で材料・テーマ株を一本釣り!

おすすめの記事
整いつつある
わしの罫線
中小型の材料株が次から次へと急伸してくる。まだ市場への流入資金が細いので、中小型しか動かないが、誰でも腰を据えてしっかり買いに行ける様な全員...