ソフトバンクの新規上場は買うべきか?
株マイスターコンサルタントの本村健が、2018年11月18日(日曜日)に幅広い知見から潮目を読む。"ソフトバンクの新規上場は買うべきか?"

皆様、こんにちは。本村健です。

最近、話題を集めているモデルのKoKi(コーキ)さん。

CMや情報番組、新聞広告などで目にした方も多いと思います。

父は俳優の木村拓哉さん、母は歌手の工藤静香さんの次女ですが、いきなりのデビューながら大活躍しています。

わたしが若い頃の話ですが、江東区にある普通自動車免許の学科試験を受けた時のエピソードですが、試験が始まる間際に入って来た女性に会場がざわつきました。

そうです、昭和のスーパーアイドル工藤静香です。

当時、テレビに引っ張りだこでヒット曲を連発し男女問わずファンが多く、わたしも同い年という事もあり歌番組でよくみていました。

試験会場では、番号順に席が並べられていましたが、何とわたしの前が彼女。汗

問題用紙を前の列から配られ、振り返った時のキレイな長い髪に心を奪われました。もはや試験どころでは無く、背中に穴が開くほど見てやりましたよ。!笑

試験が終わり、彼女はペイズリー柄のワンピースを着てマネージャーと来ていましたが、テレビで見るよりも背が高くスタイル抜群でMUGO・ん。。。色っぽかったです。(^^♪

ソフトバンクの新規上場は買うべきか

さて、マーケットですが、火曜日の取引では前日の米国株の急落により、日経平均株価は一時、前日比800円近くまで下げてしまいました。

米国中間選挙後に、これで底打ちと判断してお腹いっぱい買いまくった投資家は、追証か買い建て玉を投げさせられたかと思います。

2週前の米国中間選挙前の当コラムでは、「逆張り相場」とご指摘しました。

高い位置では売り建てをして、両建ても有効な手法で相場下落に備えてくださいとご紹介しました。実践して頂いた投資家の方は、今週の下げにも対応出来たはずです。

話しは変わりますが、今年も残す所あとわずかですが戌年相場で軍配が上がった企業は「お父さん犬」の【9984】ソフトバンクグループかもしれません。

プロ野球日本シリーズでも優勝し、(今年の大型上場は【4385】メルカリかと思っていましたが)今週報じられた通り、通信子会社【9434】ソフトバンクが来月19日に新規上場予定です。

グループ保有株の3割超を売り出し、最大で2兆6千億円を調達し新規上場に伴う調達額としては、NTT上場(1987年)の約2兆2000億円を超えて過去最大級になります。

サプライズ報道に、手持ちの株を売ってソフトバンクを買おうとする投資家もいて市場から大量の資金を吸い上げられてしまいます。

証券会社も、このお祭り事に新規口座開設の起爆剤にしようと躍起になっているようです。

そうなると、皆さんは「ソフトバンクの初値はどうなるの?」と思うでしょうから、ここで証券時代の知人との会話をご紹介します。

わたし:「来月ソフトバンクが上場するけど、どう思う?」

知 人:「親子上場って事もあって真新しさが無いね。売出株数も多いし、重くなって初値は跳ねにくくLINEやメルカリの時のようなパフォーマンスは期待できないんじゃない。」

わたし:「最近、相場の地合いが悪いけどなんで差し迫ってこの時期に上場って思うけど、初値で売り出し価格を割り込む事はないかね?」

知 人:「大手証券が共同主幹事になっているから上場初日はメンツをかけて初値を買いに行くだろうし、配当利回りも5%を目指すみたいだから公募価格を割り込む事はないんじゃない。」

わたし:「じゃあ、正月の餅代程度かな?いずれにしても早乗りの早降りかな!

という具合です。笑

上場までには、まだ1か月ありますが相場環境によっても予想は変化します。

ただ、他の知人からもソフトバンクを紹介されたのだがとよく相談をされるので、よっぽど売れていないのかと・・

どうせ買うにしても初値形成後で様子を見てからで十分だろうというのが見解です。あくまで参考までにして下さい。

話題の銘柄 Pick UP:【9380】東海運

今週は、太平洋セメント系の資材輸送会社。アジア線ターミナルが主力。ロシア向け輸送に強みを持つ【9380】東海運を取り上げてみましょう。

同社は、ロシア、モンゴルへの外航海運に強みを持ち、日露関係の進展で取扱量の増加が見込まれます。

また、植物工場事業も行っており、日照時間が少ないロシアにとっては広大な太陽光利用型植物工場への関心は高いようです。

14日の夜に突然、飛び込んできたニュースですが、安倍首相は訪問先のシンガポールで、ロシアのプーチン大統領と会談し、平和条約締結後に北方領土4島のうち歯舞・色丹の2島を引き渡すと明記した1956年の「日ソ共同宣言」を基盤に平和条約交渉を加速させることで合意しました。

また、年明けにも安倍首相がロシアを訪問してプーチン大統領と会談することも一致しています。

今までロシアは、北方領土を盾にして日本から経済支援を引きだし、後ろ足で砂をかけるような印象を持っていますが、戦後70年以上残されてきた課題で、今回は、両国間の本気度を感じます。

実現するようなら国策相場の予兆を感じます。

ロシア関連銘柄とされる銘柄は他にも多数あります。週末にお時間のある方は調べてみて下さい。

今後も、タイミングが良い場面では気になる銘柄にて個別銘柄をご紹介しますので、お楽しみに!

それでは、また来週お会いしましょう。本村健でした。

※『本村健の投資道場』は株マイスターサイト内で毎週土曜日に連載しており、会員様限定情報として「気になる銘柄」も掲載しています。

株マイスター:本村健

「株をやるなら必ず勝て!」投資道場を連載中!

一成証券(現三菱UFJ証券)、高木証券にて活躍した元・証券マン。「投資の達人」としても知名度が高く、現在は株マイスターで毎週土曜に『本村健の投資道場』を連載中。

株マイスターは『個人投資家第一主義』を掲げ、無料で読める銘柄情報は『本村健の投資道場』だけではなく、ご登録特典の『厳選注目3選銘柄』や毎週頭に今週の相場見通しを配信中!「売買の目安」や「推奨した根拠」なども明記しており、テーマ株をはじめとした短期間での動きが期待できる銘柄を数多く提供しています。

業界でも先駆けて設置したメールでの『無料銘柄相談』に留まらず、携帯電話からも利用できるフリーダイヤルを導入。アナリストが直接対応致しますので保有株の相談を始め、気軽にお問い合わせ下さい。

攻める投資で材料・テーマ株を一本釣り!

関連キーワード
投資道場の関連記事
  • フリーフォール相場には「逆張り」で勝負
  • 出遅れている「国策」キーワードに注目
  • 今後どうなる日産自動車?
  • ソフトバンクの新規上場は買うべきか?
  • 「亥(い)固まる」猪突猛進!2019年干支銘柄|本村健の投資道場
  • 「45日ルール」と海外投資家の気になる動向|本村健の投資道場
おすすめの記事