株式市場の重要な指標である、日経平均株価やNYダウなどの指数情報と相場動向をまとめました。11月30日(金曜日)も日経平均株価やNYダウをテクニカル分析を使って分析していきます。
本日の株式市場の株価指数・商品指数の動向予測-2018年11月30日-

29日(木曜日)の日経平均株価は、前日比85.58円(0.39%)高の22,262.60円と5日続伸しています。パウエルFRB議長が、機械的な利上げを早期に打ち止めると受け止められる発言をしたことでNY株式市場が大幅に上昇。これの流れを受け、東京株式市場でも投資家心理が改善した格好です。

NY株式市場では、NYダウが前日比27.59ドル(0.1%)安の25,338.84ドルと反落。前日大幅に上昇したことで利益確定売りが先行。また、週末に控えるG20、米中首脳会談を前に様子見姿勢が強まった格好です。

日経平均先物12月物は、前日比105円安の22,290円となっています。

英国ブレクジットに関しては特に新たな進展は無し。伊予算問題に関しても、引き続きEU側からは伊への懲戒措置を支持する発言が見られます。欧州初の2つの問題に関しては、G20を通過するまで、ひとまず現状から大きく変化する可能性はないでしょう。

そのG20ですが、ロシアによるウクライナ船拿捕問題を理由に、米露首脳会談が中止となったと報じられています。米中首脳による夕食会は予定通り開催される見込みですが、一部報道では、2019年春までの期間、双方が追加関税の発動を停止。その間に、中国が経済政策の変更を検討する方向だと伝わっています。これを素直に取れば、中国側が大幅に情報する形で一旦休戦という解釈ができますが、果たして面子を重視する中国がここまで素直に譲歩するのでしょうか?

日経平均株価(2018年11月29日)

日経平均株価の日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • 日経平均:22,262.60円 +85.58 (+0.39%)
  • TOPIX:1,659.47 +5.81 (+0.40%)
  • CME日経先物(円建て):22,320.00 -75.00 (-0.33%)

本日の日経平均株価は、本日も22,000円から22,500円のレンジを想定しています。

昨日の日経平均株価は、ポイントとなっていた22,500円を前に陰線をつける格好となっています。

10月2日の24,448.1円を頂点にする下落トレンドは(図中:オレンジの実線並行チャネル)、27日(火曜日)に突破してきましたが、仮に本日22,450円以下で引けてくると12月中は持ち合い状態を形成しに行く可能性が出てきます(図中:赤の下値支持線と、青の上値抵抗線の間での持ち合い)。

欧州情勢を含めた外部要因や、NY株式市場に左右されますのでまだはっきりとした事は言えませんが、仮にこのシナリオの通りとなれば、年内は22,500円を超えてくる可能性は低くなってきます。

本日は引き続き、個別材料株を中心に短期的なトレードを心がけるのが無難なのではないでしょうか。

フィボナッチ(長期) ※アベノミクス直前安値から2018年1月の高値

  • 安値:8,135.8円(2011年11月25日)
  • 高値:24,129.3円(2018年1月23日)
  • 23.6%:20,355.4円
  • 38.2%:18,020.7円
  • 50%:16,133.8円
  • 61.8%:14,246.8円
  • 76.4%:11,560.3円

フィボナッチ(短期) ※2018年10月上旬からの下落

  • 高値:24,448.1円(2018年10月2日)
  • 安値:20,971.9円(2018年10月26日)
  • 23.6%:21,792.3円
  • 38.2%:22,299.8円
  • 50%:22,710円
  • 61.8%:23,120.2円
  • 76.4%:23,704.2円

フィボナッチ(超長期) ※バブル最高値から、バブル後の最安値

  • 高値:39,260円(1990年1月5日)
  • 安値:6,994.9円(2008年10月28日)
  • 23.6%:14,609.5円
  • 38.2%:19,320.2円
  • 50%:23,127.4円
  • 61.8%:26,934.7円
  • 76.4%:323,553.3円

日経平均株価_節目

  • 323,553.3円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の76.40%戻し水準)
  • 26,934.7円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の61.80%戻し水準)
  • 24,580円(節目)
  • 24,500円(節目)
  • 24,400円(節目)
  • 24,350円(節目)
  • 24,245円(節目)
  • 24,129.3円(節目)
  • 24,000円(節目)
  • 23,900円(節目)
  • 23,871.3498円(一目均衡表の先行スパン1)
  • 23,800円(節目)
  • 23,704.2円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の76.40%戻し水準)
  • 23,700円(節目)
  • 23,600円(節目)
  • 23,500円(節目)
  • 23,385円(節目)
  • 23,280円(節目)
  • 23,200円(節目)
  • 23,149.695円(一目均衡表の先行スパン2)
  • 23,127.4円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の50%戻し水準)
  • 23,120.2円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の61.80%戻し水準)
  • 23,050.4円(節目)
  • 22,900円(節目)
  • 22,800円(節目)
  • 22,750円(節目)
  • 22,710円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の50%戻し水準)
  • 22,650円(節目)
  • 22,560円(節目)
  • 22,558.7824円(75日移動平均線)
  • 22,500円(本日の予想上限)
  • 22,450円(節目)
  • 22,400円(節目)
  • 22,350円(節目)
  • 22,300円(節目)
  • 22,299.8円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の38.20%戻し水準)
  • 22,295.1994円(200日移動平均線)
  • 22,262.6円(11月29日終値)
  • 22,200円(節目)
  • 22,100円(節目)
  • 22,000円(本日の予想下限)
  • 21,900円(節目)
  • 21,850円(節目)
  • 21,840.665円(一目均衡表の転換線)
  • 21,838.2052円(25日移動平均線)
  • 21,792.3円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の23.60%戻し水準)
  • 21,777.68円(一目均衡表の基準線)
  • 21,730円(節目)
  • 21,600円(節目)
  • 21,530円(節目)
  • 21,400円(節目)
  • 21,320円(節目)
  • 21,250円(節目)
  • 21,200円(節目)
  • 21,115円(節目)
  • 21,030円(節目)
  • 21,000円(節目)
  • 20,955円(節目)
  • 20,900円(節目)
  • 20,800円(節目)
  • 20,355.4円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の23.60%戻し水準)
  • 19,320.2円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の38.20%戻し水準)
  • 18,020.7円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の38.20%戻し水準)
  • 16,133.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の50%戻し水準)
  • 14,609.5円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の23.60%戻し水準)
  • 14,246.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の61.80%戻し水準)
  • 11,560.3円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の76.40%戻し水準)

NYダウ(2018年11月29日)

NYダウの日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • NYダウ:25,392.00ドル +48.00 (+0.19%)
  • S&P:2,743.50ドル +2.00 (+0.07%)
  • ナスダック:7,301.00ドル -129.75 (-1.75%)

フィボナッチ(長期) ※リーマンショック後安値から2018年1月高値

  • 安値:6,469.95ドル(2009年3月6日)
  • 高値:26,616.71ドル(2018年1月26日)
  • 23.6%:21,862.07ドル
  • 38.2%:18,920.65ドル
  • 50%:16,543.33ドル
  • 61.8%:14,166.01ドル
  • 76.4%:10,781.36ドル

NYダウ_節目

  • 27,000ドル(節目)
  • 26,900ドル(節目)
  • 26,800ドル(節目)
  • 26,750ドル(節目)
  • 26,700ドル(節目)
  • 26,600ドル(節目)
  • 26,500ドル(節目)
  • 26,400ドル(節目)
  • 26,300ドル(節目)
  • 26,215ドル(節目)
  • 26,167.94ドル(節目)
  • 26,050ドル(節目)
  • 26,000ドル(節目)
  • 25,900ドル(節目)
  • 25,860.3ドル(一目均衡表の先行スパン2)
  • 25,800ドル(本日の予想上限)
  • 25,702.2881ドル(75日移動平均線)
  • 25,700ドル(節目)
  • 25,576.7675ドル(一目均衡表の先行スパン1)
  • 25,575ドル(節目)
  • 25,450ドル(節目)
  • 25,400ドル(節目)
  • 25,338.84ドル(11月29日終値)
  • 25,315ドル(節目)
  • 25,200.025ドル(一目均衡表の基準線)
  • 25,185ドル(節目)
  • 25,159.996ドル(25日移動平均線)
  • 25,103.8357ドル(200日移動平均線)
  • 25,050ドル(節目)
  • 24,950ドル(本日の予想下限)
  • 24,889.485ドル(一目均衡表の転換線)
  • 24,860ドル(節目)
  • 24,700ドル(節目)
  • 24,640ドル(節目)
  • 24,500ドル(節目)
  • 24,400ドル(節目)
  • 24,250ドル(節目)
  • 24,120ドル(節目)
  • 24,050ドル(節目)
  • 23,900ドル(節目)
  • 23,730ドル(節目)
  • 23,530ドル(節目)
  • 23,344.52ドル(節目)
  • 21,862.07ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の23.60%戻し水準)
  • 18,920.65ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の38.20%戻し水準)
  • 16,543.33ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の50%戻し水準)
  • 14,166.01ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の61.80%戻し水準)
  • 10,781.36ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の76.40%戻し水準)

その他指数、指標

バルチック海運指数:1,330.00 ↓ -9.00 (-0.67%)  ※11月29日終値

SOX指数:1,221.43 ↓ -10.02 (-0.81%)  ※11月29日終値

VIX指数:18.78 ↑ +0.29 (+1.57%)  ※11月29日終値

各国政策金利(短期金利)

  • 米国:2.25%(2018年9月) →
  • 日本:0.10%(2018年1月) →
  • 欧州:0.00%(2018年1月) →
  • 英国:0.75%(2018年9月) →
  • カナダ:1.75%(2018年10月) ↑
  • スイス:-1.25%(2018年1月) →
  • 豪州:1.50%(2018年1月) →
  • NZ:1.75%(2018年1月) →
  • 中国:4.35%(2018年1月) →
  • 香港:2.50%(2018年9月) →
  • ノルウェー:0.75%(2018年9月) →
  • スウェーデン:-0.50%(2018年1月) →
  • トルコ:24.00%(2018年9月) →
  • メキシコ:8.00%(2018年11月) ↑
  • 南ア:6.75%(2018年11月) ↑

10年物国債(長期金利)

※日本時間30日 6:05現在

  • 日本:0.07%(11月) ↓
  • オーストラリア:2.60%(11月) ↓
  • ニュージーランド:2.56%(11月) ↓
  • アメリカ:3.03%(11月) ↓
  • ドイツ:0.32%(11月) ↓
  • イギリス:1.36%(11月) ↓
  • フランス:0.69%(11月) ↓
  • イタリア:3.20%(11月) ↓
  • スペイン:1.50%(11月) ↓
  • ポルトガル:1.82%(11月) ↓
  • ギリシャ:4.23%(11月) ↓
個人投資家:薬味多めで

弱小兼業個人投資家。

短期投資はFXの裁量取引のみ。

中〜長期投資は個別株、インデックスの積立投資、トラリピでの為替運用をしています。

ハゲてません。

Twitterアカウント@yakumioomede
関連キーワード
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年8月22日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年8月21日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年8月20日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年8月17日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年8月16日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年8月14日-
おすすめの記事
大分岐点
わしの罫線
7月相場も残す所、月曜日一日。それを控えての週末、更には決算発表を受けて急落するものも多く、とりあえず売っておこうと思うのが投資家心理。今日...