株式市場の重要な指標である、日経平均株価やNYダウなどの指数情報と相場動向をまとめました。11月19日(月曜日)も日経平均株価やNYダウをテクニカル分析を使って分析していきます。
本日の株式市場の株価指数・商品指数の動向予測-2018年11月19日-

16日(金曜日)の日経平均株価は、前日比123円28銭(0.57%)安の21,680.34円と約2週間ぶりの安値で取引を終了しています。半導体関連株を中心に売りが広がり、週末要因から取引を控える動きも見られました。

NYダウは、前日比123ドル95セント高の25,413.22ドルと続伸。米中貿易摩擦懸念の後退から買いが優勢の動きとなりました。

日経平均先物12月物は、前日比190円安の21,745円となっています。

欧州情勢の先行きが見いだせないまま、アジア太平洋地域でも改めて米中の対立が鮮明化しています。パプアニューギニアで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)は、18日2日間の協議日程を終了しています。しかしながら、米中双方の対立から首脳宣言の採択は断念。11月末にも予定されている、両国首脳の直接交渉まで持ち越される形となりました。

本日の日経平均株価は、21,530円から22,100円のレンジを想定しています。

日経平均株価(2018年11月16日)

日経平均株価の日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • 日経平均:21,680.34円 -123.28 (-0.57%)
  • TOPIX:1,629.30 -9.67 (-0.60%)
  • CME日経先物(円建て):21,725.00 -210.00 (-0.96%)

フィボナッチ(長期) ※アベノミクス直前安値から2018年1月の高値

  • 安値:8,135.8円(2011年11月25日)
  • 高値:24,129.3円(2018年1月23日)
  • 23.6%:20,355.4円
  • 38.2%:18,020.7円
  • 50%:16,133.8円
  • 61.8%:14,246.8円
  • 76.4%:11,560.3円

フィボナッチ(短期) ※2018年10月上旬からの下落

  • 高値:24,448.1円(2018年10月2日)
  • 安値:20,971.9円(2018年10月26日)
  • 23.6%:21,792.3円
  • 38.2%:22,299.8円
  • 50%:22,710円
  • 61.8%:23,120.2円
  • 76.4%:23,704.2円

フィボナッチ(超長期) ※バブル最高値から、バブル後の最安値

  • 高値:39,260円(1990年1月5日)
  • 安値:6,994.9円(2008年10月28日)
  • 23.6%:14,609.5円
  • 38.2%:19,320.2円
  • 50%:23,127.4円
  • 61.8%:26,934.7円
  • 76.4%:323,553.3円

日経平均株価_節目

  • 323,553.3円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の76.40%戻し水準)
  • 26,934.7円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の61.80%戻し水準)
  • 24,580円(節目)
  • 24,500円(節目)
  • 24,400円(節目)
  • 24,350円(節目)
  • 24,245円(節目)
  • 24,129.3円(節目)
  • 24,000円(節目)
  • 23,900円(節目)
  • 23,800円(節目)
  • 23,704.2円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の76.40%戻し水準)
  • 23,700円(節目)
  • 23,600円(節目)
  • 23,500円(節目)
  • 23,385円(節目)
  • 23,382.015円(一目均衡表の先行スパン1)
  • 23,280円(節目)
  • 23,200円(節目)
  • 23,149.695円(一目均衡表の先行スパン2)
  • 23,127.4円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の50%戻し水準)
  • 23,120.2円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の61.80%戻し水準)
  • 23,050.4円(節目)
  • 22,900円(節目)
  • 22,800円(節目)
  • 22,750円(節目)
  • 22,710円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の50%戻し水準)
  • 22,650円(節目)
  • 22,635.2205円(75日移動平均線)
  • 22,560円(節目)
  • 22,500円(節目)
  • 22,450円(節目)
  • 22,400円(節目)
  • 22,350円(節目)
  • 22,326.2847円(200日移動平均線)
  • 22,300円(節目)
  • 22,299.8円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の38.20%戻し水準)
  • 22,200円(節目)
  • 22,100円(本日の予想上限)
  • 22,034.04円(一目均衡表の転換線)
  • 22,030.4568円(25日移動平均線)
  • 22,000円(節目)
  • 21,965.67円(一目均衡表の基準線)
  • 21,900円(節目)
  • 21,850円(節目)
  • 21,792.3円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の23.60%戻し水準)
  • 21,730円(節目)
  • 21,680.3円(11月16日終値)
  • 21,600円(節目)
  • 21,530円(本日の予想下限)
  • 21,400円(節目)
  • 21,320円(節目)
  • 21,250円(節目)
  • 21,200円(節目)
  • 21,115円(節目)
  • 21,030円(節目)
  • 21,000円(節目)
  • 20,955円(節目)
  • 20,900円(節目)
  • 20,800円(節目)
  • 20,355.4円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の23.60%戻し水準)
  • 19,320.2円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の38.20%戻し水準)
  • 18,020.7円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の38.20%戻し水準)
  • 16,133.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の50%戻し水準)
  • 14,609.5円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の23.60%戻し水準)
  • 14,246.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の61.80%戻し水準)
  • 11,560.3円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の76.40%戻し水準)

NYダウ(2018年11月16日)

NYダウの日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • NYダウ:25,432.00ドル +127.00 (+0.50%)
  • S&P:2,740.25ドル +5.75 (+0.21%)
  • ナスダック:7,301.00ドル -129.75 (-1.75%)

フィボナッチ(長期) ※リーマンショック後安値から2018年1月高値

  • 安値:6,469.95ドル(2009年3月6日)
  • 高値:26,616.71ドル(2018年1月26日)
  • 23.6%:21,862.07ドル
  • 38.2%:18,920.65ドル
  • 50%:16,543.33ドル
  • 61.8%:14,166.01ドル
  • 76.4%:10,781.36ドル

NYダウ_節目

  • 27,000ドル(節目)
  • 26,900ドル(節目)
  • 26,800ドル(節目)
  • 26,750ドル(節目)
  • 26,700ドル(節目)
  • 26,600ドル(節目)
  • 26,500ドル(節目)
  • 26,400ドル(節目)
  • 26,300ドル(節目)
  • 26,215ドル(節目)
  • 26,167.94ドル(節目)
  • 26,050ドル(節目)
  • 26,000ドル(節目)
  • 25,925.79ドル(一目均衡表の先行スパン1)
  • 25,925.79ドル(一目均衡表の先行スパン2)
  • 25,900ドル(節目)
  • 25,800ドル(節目)
  • 25,771.0808ドル(75日移動平均線)
  • 25,700ドル(本日の予想上限)
  • 25,575ドル(節目)
  • 25,532.805ドル(一目均衡表の転換線)
  • 25,450ドル(節目)
  • 25,413.22ドル(11月16日終値)
  • 25,400ドル(節目)
  • 25,333.7456ドル(25日移動平均線)
  • 25,315ドル(節目)
  • 25,200.025ドル(一目均衡表の基準線)
  • 25,185ドル(節目)
  • 25,093.8881ドル(200日移動平均線)
  • 25,050ドル(節目)
  • 24,950ドル(節目)
  • 24,860ドル(本日の予想下限)
  • 24,700ドル(節目)
  • 24,640ドル(節目)
  • 24,500ドル(節目)
  • 24,400ドル(節目)
  • 24,250ドル(節目)
  • 24,120ドル(節目)
  • 24,050ドル(節目)
  • 23,900ドル(節目)
  • 23,730ドル(節目)
  • 23,530ドル(節目)
  • 23,344.52ドル(節目)
  • 21,862.07ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の23.60%戻し水準)
  • 18,920.65ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の38.20%戻し水準)
  • 16,543.33ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の50%戻し水準)
  • 14,166.01ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の61.80%戻し水準)
  • 10,781.36ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の76.40%戻し水準)

その他指数、指標

バルチック海運指数:1,020.00 ↑ +11.00 (+1.09%)  ※11月16日終値

SOX指数:1,220.15 ↓ -14.47 (-1.17%)  ※11月16日終値

VIX指数:18.38 ↓ -1.60 (-8.01%)  ※11月16日終値

各国政策金利(短期金利)

  • 米国:2.25%(2018年9月) →
  • 日本:0.10%(2018年1月) →
  • 欧州:0.00%(2018年1月) →
  • 英国:0.75%(2018年9月) →
  • カナダ:1.75%(2018年10月) ↑
  • スイス:-1.25%(2018年1月) →
  • 豪州:1.50%(2018年1月) →
  • NZ:1.75%(2018年1月) →
  • 中国:4.35%(2018年1月) →
  • 香港:2.50%(2018年9月) →
  • ノルウェー:0.75%(2018年9月) →
  • スウェーデン:-0.50%(2018年1月) →
  • トルコ:24.00%(2018年9月) →
  • メキシコ:8.00%(2018年11月) ↑
  • 南ア:6.50%(2018年7月) →

10年物国債(長期金利)

※日本時間17日 6:05現在

  • 日本:0.09%(11月) ↓
  • オーストラリア:2.67%(11月) ↓
  • ニュージーランド:2.70%(11月) ↓
  • アメリカ:3.07%(11月) ↓
  • ドイツ:0.36%(11月) →
  • イギリス:1.41%(11月) ↑
  • フランス:0.76%(11月) ↑
  • イタリア:3.49%(11月) →
  • スペイン:1.63%(11月) →
  • ポルトガル:1.96%(11月) →
  • ギリシャ:4.52%(11月) ↓
個人投資家:薬味多めで

弱小兼業個人投資家。

短期投資はFXの裁量取引のみ。

中〜長期投資は個別株、インデックスの積立投資、トラリピでの為替運用をしています。

ハゲてません。

Twitterアカウント@yakumioomede
関連キーワード
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年5月24日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年5月23日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年5月22日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年5月21日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年5月20日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年5月17日-
おすすめの記事
長い下げ相場もそろそろ終点だ。
わしの罫線
陰湿な下げが続いています。チャート上ではもうどこから始まっても良い所に来ているのですが、いかんせん、買い上がる資金がまだ入って来ません。そう...