本日の株式市場の株価指数・商品指数の動向予測-2018年11月9日-
株式市場の重要な指標である、日経平均株価やNYダウなどの指数情報と相場動向をまとめました。11月9日(金曜日)も日経平均株価やNYダウをテクニカル分析を使って分析していきます。

8日(木曜日)の日経平均株価は、前日比401円12銭(1.82%)高の22,486.92円と大幅に反発して取引を終了しています。中間選挙の結果を受け、前日の米国株式市場が上昇したことを受けて、日本株にも買いが入った格好です。

NY株式市場では、NYダウが前日比10ドル92セント高の26,191.22ドルと約1カ月ぶりの高値圏で取引を終了しています。前日の大幅上昇の反動で売られる場面があったかと思うと、取引終了にかけては上昇するなど、方向感がない1日となりました。

日経平均先物12月物は、前日比100円安の22,460円となっています。

ブレクジット問題に注目が集まる英国ですが、英国政府はEU離脱を巡る合意文章を12日の閣議で検証した上で、13日に発表する見通しだと報じられています。一部報道では、14日にメイ首相が議会下院で声明を発表し、24日前後にEU首脳会議が開かれるのではないかと言われています。

また、オーストリアの新聞では、欧州委員会の関係筋の話として、英国のEU離脱交渉に関して、英国とEUの間で数日以内に合意が成立する可能性があるとしています。

にわかに動き出してきたかのようにも思える英国のEU離脱問題ですが、今後はポンドを中心に為替相場で大きなボラリティーが期待できる状況です。

本日の日経平均株価は、21,730円から22,450円のレンジを想定しています。

日経平均株価(2018年11月8日)

日経平均株価の日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • 日経平均:22,486.92円 +401.12 (+1.82%)
  • TOPIX:1,681.25 +28.82 (+1.70%)
  • CME日経先物(円建て):22,430.00 -130.00 (-0.58%)

フィボナッチ(長期) ※アベノミクス直前安値から2018年1月の高値

  • 安値:8,135.8円(2011年11月25日)
  • 高値:24,129.3円(2018年1月23日)
  • 23.6%:20,355.4円
  • 38.2%:18,020.7円
  • 50%:16,133.8円
  • 61.8%:14,246.8円
  • 76.4%:11,560.3円

フィボナッチ(短期) ※2018年1月〜3月の下落

  • 高値:20,925.9円(2018年1月23日)
  • 安値:20,347.5円(2018年3月26日)
  • 23.6%:22,412.5円
  • 38.2%:22,017.9円
  • 50%:21,698.9円
  • 61.8%:21,380円
  • 76.4%:20,925.9円

フィボナッチ(超長期) ※バブル最高値から、バブル後の最安値

  • 高値:39,260円(1990年1月5日)
  • 安値:6,994.9円(2008年10月28日)
  • 23.6%:14,609.5円
  • 38.2%:19,320.2円
  • 50%:23,127.4円
  • 61.8%:26,934.7円
  • 76.4%:323,553.3円

日経平均株価_節目

  • 323,553.3円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の76.40%戻し水準)
  • 26,934.7円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の61.80%戻し水準)
  • 24,580円(節目)
  • 24,500円(節目)
  • 24,400円(節目)
  • 24,350円(節目)
  • 24,245円(節目)
  • 24,129.3円(節目)
  • 24,000円(節目)
  • 23,900円(節目)
  • 23,800円(節目)
  • 23,700円(節目)
  • 23,662.7975円(一目均衡表の先行スパン1)
  • 23,600円(節目)
  • 23,500円(節目)
  • 23,385円(節目)
  • 23,280円(節目)
  • 23,200円(節目)
  • 23,149.695円(一目均衡表の先行スパン2)
  • 23,127.4円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の50%戻し水準)
  • 23,050.4円(節目)
  • 22,900円(節目)
  • 22,800円(節目)
  • 22,750円(節目)
  • 22,686.7115円(75日移動平均線)
  • 22,650円(本日の予想上限)
  • 22,616.2805円(一目均衡表の基準線)
  • 22,560円(節目)
  • 22,500円(節目)
  • 22,486.9円(11月7日終値)
  • 22,450円(節目)
  • 22,412.5円(2018年1月23日の高値(20,925.9円)→2018年3月26日の安値(20,347.5円)の23.60%戻し水準)
  • 22,400円(節目)
  • 22,382.039円(200日移動平均線)
  • 22,364.8247円(25日移動平均線)
  • 22,350円(節目)
  • 22,300円(節目)
  • 22,200円(本日の予想下限)
  • 22,100円(節目)
  • 22,017.9円(2018年1月23日の高値(20,925.9円)→2018年3月26日の安値(20,347.5円)の38.20%戻し水準)
  • 22,000円(節目)
  • 21,900円(節目)
  • 21,850円(節目)
  • 21,809.655円(一目均衡表の転換線)
  • 21,730円(節目)
  • 21,698.9円(2018年1月23日の高値(20,925.9円)→2018年3月26日の安値(20,347.5円)の50%戻し水準)
  • 21,600円(節目)
  • 21,530円(節目)
  • 21,400円(節目)
  • 21,380円(2018年1月23日の高値(20,925.9円)→2018年3月26日の安値(20,347.5円)の61.80%戻し水準)
  • 21,320円(節目)
  • 21,250円(節目)
  • 21,200円(節目)
  • 21,115円(節目)
  • 21,030円(節目)
  • 21,000円(節目)
  • 20,955円(節目)
  • 20,925.9円(2018年1月23日の高値(20,925.9円)→2018年3月26日の安値(20,347.5円)の76.40%戻し水準)
  • 20,900円(節目)
  • 20,800円(節目)
  • 20,355.4円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の23.60%戻し水準)
  • 19,320.2円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の38.20%戻し水準)
  • 18,020.7円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の38.20%戻し水準)
  • 16,133.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の50%戻し水準)
  • 14,609.5円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の23.60%戻し水準)
  • 14,246.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の61.80%戻し水準)
  • 11,560.3円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の76.40%戻し水準)

NYダウ(2018年11月8日)

NYダウの日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • NYダウ:26,140.00ドル -42.00 (-0.16%)
  • S&P:2,803.25ドル -13.25 (-0.47%)
  • ナスダック:7,301.00ドル -129.75 (-1.75%)

フィボナッチ(長期) ※リーマンショック後安値から2018年1月高値

  • 安値:6,469.95ドル(2009年3月6日)
  • 高値:26,616.71ドル(2018年1月26日)
  • 23.6%:21,862.07ドル
  • 38.2%:18,920.65ドル
  • 50%:16,543.33ドル
  • 61.8%:14,166.01ドル
  • 76.4%:10,781.36ドル

フィボナッチ(短期) ※2018年1月〜3月の下落

  • 高値:26,616.71ドル(2018年1月26日)
  • 安値:23,344.52ドル(2018年3月29日)
  • 23.6%:24,116.76ドル
  • 38.2%:24,594.5ドル
  • 50%:24,980.62ドル
  • 61.8%:25,366.73ドル
  • 76.4%:25,916.16ドル

NYダウ_節目

  • 27,000ドル(節目)
  • 26,900ドル(節目)
  • 26,800ドル(節目)
  • 26,750ドル(節目)
  • 26,700ドル(節目)
  • 26,600ドル(節目)
  • 26,501.82ドル(一目均衡表の先行スパン1)
  • 26,500ドル(本日の予想上限)
  • 26,400ドル(節目)
  • 26,300ドル(節目)
  • 26,215ドル(節目)
  • 26,191.22ドル(11月7日終値)
  • 26,167.94ドル(節目)
  • 26,050ドル(節目)
  • 26,000ドル(節目)
  • 25,958.79ドル(一目均衡表の先行スパン2)
  • 25,916.16ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2018年3月29日の安値(23,344.52ドル)の76.40%戻し水準)
  • 25,900ドル(節目)
  • 25,800ドル(節目)
  • 25,769.9364ドル(75日移動平均線)
  • 25,700ドル(節目)
  • 25,575ドル(本日の予想下限)
  • 25,458.025ドル(一目均衡表の基準線)
  • 25,450.1456ドル(25日移動平均線)
  • 25,450ドル(節目)
  • 25,400ドル(節目)
  • 25,366.73ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2018年3月29日の安値(23,344.52ドル)の61.80%戻し水準)
  • 25,315ドル(節目)
  • 25,200.025ドル(一目均衡表の転換線)
  • 25,185ドル(節目)
  • 25,116.609ドル(200日移動平均線)
  • 25,050ドル(節目)
  • 24,980.62ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2018年3月29日の安値(23,344.52ドル)の50%戻し水準)
  • 24,950ドル(節目)
  • 24,860ドル(節目)
  • 24,700ドル(節目)
  • 24,640ドル(節目)
  • 24,594.5ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2018年3月29日の安値(23,344.52ドル)の38.20%戻し水準)
  • 24,500ドル(節目)
  • 24,412.34ドル(節目)
  • 24,250ドル(節目)
  • 24,120ドル(節目)
  • 24,116.76ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2018年3月29日の安値(23,344.52ドル)の23.60%戻し水準)
  • 24,050ドル(節目)
  • 23,900ドル(節目)
  • 23,730ドル(節目)
  • 23,530ドル(節目)
  • 23,344.52ドル(節目)
  • 21,862.07ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の23.60%戻し水準)
  • 18,920.65ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の38.20%戻し水準)
  • 16,543.33ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の50%戻し水準)
  • 14,166.01ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の61.80%戻し水準)
  • 10,781.36ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の76.40%戻し水準)

その他指数、指標

バルチック海運指数:1,304.00 ↓ -91.00 (-6.52%)  ※11月8日終値

SOX指数:1,252.23 ↓ -5.24 (-0.42%)  ※11月8日終値

VIX指数:16.94 ↑ +0.58 (+3.55%)  ※11月8日終値

各国政策金利(短期金利)

  • 米国:2.25%(2018年9月) →
  • 日本:0.10%(2018年1月) →
  • 欧州:0.00%(2018年1月) →
  • 英国:0.75%(2018年9月) →
  • カナダ:1.75%(2018年10月) ↑
  • スイス:-1.25%(2018年1月) →
  • 豪州:1.50%(2018年1月) →
  • NZ:1.75%(2018年1月) →
  • 中国:4.35%(2018年1月) →
  • 香港:2.50%(2018年9月) →
  • ノルウェー:0.75%(2018年9月) →
  • スウェーデン:-0.50%(2018年1月) →
  • トルコ:24.00%(2018年9月) →
  • メキシコ:7.75%(2018年7月) →
  • 南ア:6.50%(2018年7月) →

10年物国債(長期金利)

※日本時間9日 6:05現在

  • 日本:0.11%(11月) →
  • オーストラリア:2.75%(11月) ↑
  • ニュージーランド:2.82%(11月) ↑
  • アメリカ:3.24%(11月) ↑
  • ドイツ:0.45%(11月) ↑
  • イギリス:1.56%(11月) ↑
  • フランス:0.82%(11月) ↑
  • イタリア:3.39%(11月) ↑
  • スペイン:1.60%(11月) →
  • ポルトガル:1.93%(11月) ↑
  • ギリシャ:4.29%(11月) ↑
個人投資家:薬味多めで

兜町の残党(元市場関係)の個人投資家。

投資歴は2006年のライブドアショック後から、テクニカルを中心に、長期投資と短期投資を切り分けて運用。長期は投資信託をベースに積立中心。短期は個別株やETF、為替を中心に裁量取引。

フィスコソーシャルレポーターとして国内20以上のメディアに寄稿しています。

Twitterアカウント@yakumioomede
関連キーワード
  • メジャーSQ通過後は、再び米中問題と欧州情勢に左右される相場展開となるか?
  • 米中覇権争い(米中貿易問題)に関する緊張緩和?状況は何も変わっていない。
  • ファーウェイCFOの保釈は、タイミング的にある種の『良い取引』であったのか?
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の動向予測-2018年12月11日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の動向予測-2018年12月10日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の動向予測-2018年12月7日-
おすすめの記事