株式市場の重要な指標である、日経平均株価やNYダウなどの指数情報と相場動向をまとめました。11月6日(火曜日)も日経平均株価やNYダウをテクニカル分析を使って分析していきます。
本日の株式市場の株価指数・商品指数の動向予測-2018年11月6日-

5日(月曜日)の東京株式市場では、日経平均株価が前週末比344円67銭(1.55%)安の21,898.99円と反落して取引を終了しています。米中貿易摩擦懸念が後退していたところに、米国家経済会議のクドロー委員長が、そうした報道を否定。早期合意への期待が無くなり、日本株の売りへと繋がりました。

NY株式市場では、NYダウが前週末比190ドル87セント(0.8%)高の25,461.70ドルで取引を終了。買い材料があった個別株が、指数を支えた格好です。しかしながら、本日投開票が始まる米中間選挙を控えて、様子見姿勢が強く出た印象です。

日経平均先物12月物は、前週末比10円安の21,990円となっています。

改めて抑えておきたいのがイランへの経済制裁第2弾が再開。イランのロウハニ大統領は、国営テレビで米国の制裁再開には従わないと明言するなど依然として対立姿勢を貫いています。首都テヘランでは、1979年のイスラム革命に伴って米外交官らを人質に取った事件が起きた旧米大使館の周辺などで、大規模なデモが開催されるなど、反米集会が起こっています。

続いて、イタリアの予算を巡る動きでは、ユーロ圏の財務相がイタリアのトリア経済・財務相に対しイタリアは来年の予算案を修正し、欧州連合(EU)の財政規律を順守する必要があると伝えました。フランスのルメール財務相も、イタリアの予算案を巡ってイタリア製づとEUが対立している問題は、通貨ユーロにとって一大事だとの認識を示しています。

こうした中、本日、米中間選挙の投開票が始まります。上院は共和党多数、下院では民主党多数となるねじれの結果が予想されていますが、コレばかりは蓋を開けてみなければわかりません。本日の株式市場、外国為替市場では、こうした中間選挙の推移を意識した神経質な展開が予想されます。

本日の日経平均株価は、21,530円から22,400円のレンジを想定しています。

日経平均株価(2018年11月5日)

日経平均株価の日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • 日経平均:21,898.99円 -344.67 (-1.55%)
  • TOPIX:1,640.39 -18.37 (-1.10%)
  • CME日経先物(円建て):22,000.00 +0.00 (+0.00%)

フィボナッチ(長期) ※アベノミクス直前安値から2018年1月の高値

  • 安値:8,135.8円(2011年11月25日)
  • 高値:24,129.3円(2018年1月23日)
  • 23.6%:20,355.4円
  • 38.2%:18,020.7円
  • 50%:16,133.8円
  • 61.8%:14,246.8円
  • 76.4%:11,560.3円

フィボナッチ(短期) ※2018年1月〜3月の下落

  • 高値:20,925.9円(2018年1月23日)
  • 安値:20,347.5円(2018年3月26日)
  • 23.6%:22,412.5円
  • 38.2%:22,017.9円
  • 50%:21,698.9円
  • 61.8%:21,380円
  • 76.4%:20,925.9円

フィボナッチ(超長期) ※バブル最高値から、バブル後の最安値

  • 高値:39,260円(1990年1月5日)
  • 安値:6,994.9円(2008年10月28日)
  • 23.6%:14,609.5円
  • 38.2%:19,320.2円
  • 50%:23,127.4円
  • 61.8%:26,934.7円
  • 76.4%:323,553.3円

日経平均株価_節目

  • 323,553.3円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の76.40%戻し水準)
  • 26,934.7円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の61.80%戻し水準)
  • 24,580円(節目)
  • 24,500円(節目)
  • 24,400円(節目)
  • 24,350円(節目)
  • 24,245円(節目)
  • 24,129.3円(節目)
  • 24,000円(節目)
  • 23,900円(節目)
  • 23,800円(節目)
  • 23,700円(節目)
  • 23,600円(節目)
  • 23,500円(節目)
  • 23,385円(節目)
  • 23,280円(節目)
  • 23,218.9155円(一目均衡表の先行スパン1)
  • 23,200円(節目)
  • 23,127.4円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の50%戻し水準)
  • 23,050.4円(節目)
  • 22,970.32円(一目均衡表の先行スパン2)
  • 22,900円(節目)
  • 22,800円(節目)
  • 22,750円(節目)
  • 22,710円(一目均衡表の基準線)
  • 22,701.8992円(75日移動平均線)
  • 22,650円(節目)
  • 22,601.0995円(25日移動平均線)
  • 22,560円(節目)
  • 22,450円(節目)
  • 22,412.5円(2018年1月23日の高値(20,925.9円)→2018年3月26日の安値(20,347.5円)の23.60%戻し水準)
  • 22,405.6355円(200日移動平均線)
  • 22,400円(本日の予想上限)
  • 22,350円(節目)
  • 22,300円(節目)
  • 22,200円(節目)
  • 22,100円(節目)
  • 22,017.9円(2018年1月23日の高値(20,925.9円)→2018年3月26日の安値(20,347.5円)の38.20%戻し水準)
  • 22,000円(節目)
  • 21,900円(節目)
  • 21,899円(11月5日終値)
  • 21,850円(節目)
  • 21,730円(節目)
  • 21,698.9円(2018年1月23日の高値(20,925.9円)→2018年3月26日の安値(20,347.5円)の50%戻し水準)
  • 21,640.175円(一目均衡表の転換線)
  • 21,600円(節目)
  • 21,530円(本日の予想下限)
  • 21,400円(節目)
  • 21,380円(2018年1月23日の高値(20,925.9円)→2018年3月26日の安値(20,347.5円)の61.80%戻し水準)
  • 21,320円(節目)
  • 21,250円(節目)
  • 21,200円(節目)
  • 21,115円(節目)
  • 21,030円(節目)
  • 21,000円(節目)
  • 20,955円(節目)
  • 20,925.9円(2018年1月23日の高値(20,925.9円)→2018年3月26日の安値(20,347.5円)の76.40%戻し水準)
  • 20,900円(節目)
  • 20,800円(節目)
  • 20,355.4円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の23.60%戻し水準)
  • 19,320.2円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の38.20%戻し水準)
  • 18,020.7円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の38.20%戻し水準)
  • 16,133.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の50%戻し水準)
  • 14,609.5円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の23.60%戻し水準)
  • 14,246.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の61.80%戻し水準)
  • 11,560.3円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の76.40%戻し水準)

NYダウ(2018年11月5日)

NYダウの日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • NYダウ:25,415.00ドル +174.00 (+0.69%)
  • S&P:2,735.75ドル +11.50 (+0.42%)
  • ナスダック:7,301.00ドル -129.75 (-1.75%)

フィボナッチ(長期) ※リーマンショック後安値から2018年1月高値

  • 安値:6,469.95ドル(2009年3月6日)
  • 高値:26,616.71ドル(2018年1月26日)
  • 23.6%:21,862.07ドル
  • 38.2%:18,920.65ドル
  • 50%:16,543.33ドル
  • 61.8%:14,166.01ドル
  • 76.4%:10,781.36ドル

フィボナッチ(短期) ※2018年1月〜3月の下落

  • 高値:26,616.71ドル(2018年1月26日)
  • 安値:23,344.52ドル(2018年3月29日)
  • 23.6%:24,116.76ドル
  • 38.2%:24,594.5ドル
  • 50%:24,980.62ドル
  • 61.8%:25,366.73ドル
  • 76.4%:25,916.16ドル

NYダウ_節目

  • 27,000ドル(節目)
  • 26,900ドル(節目)
  • 26,800ドル(節目)
  • 26,750ドル(節目)
  • 26,700ドル(節目)
  • 26,600ドル(節目)
  • 26,500ドル(節目)
  • 26,400ドル(節目)
  • 26,305.6375ドル(一目均衡表の先行スパン1)
  • 26,300ドル(節目)
  • 26,215ドル(節目)
  • 26,167.94ドル(節目)
  • 26,050ドル(節目)
  • 26,000ドル(節目)
  • 25,916.16ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2018年3月29日の安値(23,344.52ドル)の76.40%戻し水準)
  • 25,900ドル(節目)
  • 25,867.465ドル(一目均衡表の先行スパン2)
  • 25,800ドル(節目)
  • 25,739.1871ドル(75日移動平均線)
  • 25,700ドル(本日の予想上限)
  • 25,575ドル(節目)
  • 25,539.0768ドル(25日移動平均線)
  • 25,537.02ドル(一目均衡表の基準線)
  • 25,461.70ドル(11月5日終値)
  • 25,450ドル(節目)
  • 25,400ドル(節目)
  • 25,366.73ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2018年3月29日の安値(23,344.52ドル)の61.80%戻し水準)
  • 25,315ドル(節目)
  • 25,185ドル(節目)
  • 25,120.855ドル(200日移動平均線)
  • 25,050ドル(節目)
  • 24,980.62ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2018年3月29日の安値(23,344.52ドル)の50%戻し水準)
  • 24,950ドル(本日の予想下限)
  • 24,860ドル(節目)
  • 24,850.605ドル(一目均衡表の転換線)
  • 24,700ドル(節目)
  • 24,640ドル(節目)
  • 24,594.5ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2018年3月29日の安値(23,344.52ドル)の38.20%戻し水準)
  • 24,500ドル(節目)
  • 24,412.34ドル(節目)
  • 24,250ドル(節目)
  • 24,120ドル(節目)
  • 24,116.76ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2018年3月29日の安値(23,344.52ドル)の23.60%戻し水準)
  • 24,050ドル(節目)
  • 23,900ドル(節目)
  • 23,730ドル(節目)
  • 23,530ドル(節目)
  • 23,344.52ドル(節目)
  • 21,862.07ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の23.60%戻し水準)
  • 18,920.65ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の38.20%戻し水準)
  • 16,543.33ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の50%戻し水準)
  • 14,166.01ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の61.80%戻し水準)
  • 10,781.36ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の76.40%戻し水準)

その他指数、指標

バルチック海運指数:1,457.00 ↓ -13.00 (-0.88%)  ※11月5日終値

SOX指数:1,228.58 ↓ -10.58 (-0.85%)  ※11月5日終値

VIX指数:20.19 ↑ +0.68 (+3.49%)  ※11月5日終値

各国政策金利(短期金利)

  • 米国:2.25%(2018年9月) ↑
  • 日本:0.10%(2018年1月) →
  • 欧州:0.00%(2018年1月) →
  • 英国:0.75%(2018年8月) →
  • カナダ:1.75%(2018年10月) ↑
  • スイス:-1.25%(2018年1月) →
  • 豪州:1.50%(2018年1月) →
  • NZ:1.75%(2018年1月) →
  • 中国:4.35%(2018年1月) →
  • 香港:2.50%(2018年9月) ↑
  • ノルウェー:0.75%(2018年9月) →
  • スウェーデン:-0.50%(2018年1月) →
  • トルコ:24.00%(2018年9月) →
  • メキシコ:7.75%(2018年7月) →
  • 南ア:6.50%(2018年3月) →

10年物国債(長期金利)

※日本時間6日 6:05現在

  • 日本:0.12%(11月) ↑
  • オーストラリア:2.74%(11月) ↑
  • ニュージーランド:2.62%(11月) ↑
  • アメリカ:3.20%(11月) ↓
  • ドイツ:0.42%(11月) →
  • イギリス:1.50%(11月) ↑
  • フランス:0.79%(11月) ↑
  • イタリア:3.32%(11月) ↑
  • スペイン:1.56%(11月) ↓
  • ポルトガル:1.88%(11月) ↑
  • ギリシャ:4.25%(11月) ↑
個人投資家:薬味多めで

弱小兼業個人投資家。

短期投資はFXの裁量取引のみ。

中〜長期投資は個別株、インデックスの積立投資、トラリピでの為替運用をしています。

ハゲてません。

Twitterアカウント@yakumioomede
関連キーワード
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年7月18日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年7月17日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年7月16日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年7月15日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年7月12日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年7月11日-
おすすめの記事
足並みが揃わない
わしの罫線
ニューヨーク市場が急伸した事で、全面高で始まった東京株式市場ですが、高かったのは寄付きだけ。主力銘柄にも値下がりするものが多く 日経平均は ...
その金融商品は本当に必要なのか?
投資道場
皆様、こんにちは。本村健です。 わたくし事ですが、子供がお受験なので学問の神様で知られています文京区の湯島天神へお参りに行きました。 受験シ...