株式市場の重要な指標である、日経平均株価やNYダウなどの指数情報と相場動向をまとめました。11月2日(金曜日)も日経平均株価やNYダウをテクニカル分析を使って分析していきます。
本日の株式市場の株価指数・商品指数の動向予測-2018年11月2日-

11月1日(木曜日)の投機用株式市場では、日経平均株価が前日比232円81銭(1.06%)安の21,687.65円と3営業日ぶりに反落。通信株が大幅安が相場の重しとなりました。

NY株式市場では、NYダウが前日比264ドル98セント(1.1%)高の25,380.74ドルと3営業日続伸。米中首脳が電話会談を行い、米中貿易問題に関する協議を深めることで一致したと発表したことで、米中貿易摩擦懸念が後退。また、主要企業の決算が市場予想を上回るなど相場の押上要因となっています。

日経平均先物12月物は、前日比5円安の21,765円となっています。

中国の国家統計局が発表した10月の製造業購買担当者景気指数(PMI)が50.2と低水準にとどまったことに加え、10月の英製造業PMIは51.1と16年7月以降で最低10月の南ア製造業PMIは42.4と3ヶ月連続の低下と、世界各国の景気減速懸念が明らかになってきています。

また、Appleの四半期決算の発表後、Apple株は時間外取引で下落しています。

しかしながら、米中貿易摩擦激化の懸念後退以外にも、EUのブレクジットに関しても、一部報道でEU側が北アイルランド問題で譲歩案を検討中など、比較的ポジティブなニュースが聞かれ始めてきました。

強弱材料が入り乱れる中で、本日は米雇用統計の発表を控えていることからも為替相場では神経質な値動きが想定されますが、業績好調な個別株や材料株などへの個別物色が強まるものとみています。

本日の日経平均株価は、21,320円から22,000円のレンジを想定しています。

日経平均株価(2018年11月1日)

日経平均株価の日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • 日経平均:21,687.65円 -232.81 (-1.06%)
  • TOPIX:1,632.05 -14.07 (-0.90%)
  • CME日経先物(円建て):21,715.00 -55.00 (-0.25%)

フィボナッチ(長期) ※アベノミクス直前安値から2018年1月の高値

  • 安値:8,135.8円(2011年11月25日)
  • 高値:24,129.3円(2018年1月23日)
  • 23.6%:20,355.4円
  • 38.2%:18,020.7円
  • 50%:16,133.8円
  • 61.8%:14,246.8円
  • 76.4%:11,560.3円

フィボナッチ(短期) ※2018年1月〜3月の下落

  • 高値:20,925.9円(2018年1月23日)
  • 安値:20,347.5円(2018年3月26日)
  • 23.6%:22,412.5円
  • 38.2%:22,017.9円
  • 50%:21,698.9円
  • 61.8%:21,380円
  • 76.4%:20,925.9円

フィボナッチ(超長期) ※バブル最高値から、バブル後の最安値

  • 高値:39,260円(1990年1月5日)
  • 安値:6,994.9円(2008年10月28日)
  • 23.6%:14,609.5円
  • 38.2%:19,320.2円
  • 50%:23,127.4円
  • 61.8%:26,934.7円
  • 76.4%:323,553.3円

日経平均株価_節目

  • 323,553.3円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の76.40%戻し水準)
  • 26,934.7円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の61.80%戻し水準)
  • 24,580円(節目)
  • 24,500円(節目)
  • 24,400円(節目)
  • 24,350円(節目)
  • 24,245円(節目)
  • 24,129.3円(節目)
  • 24,000円(節目)
  • 23,900円(節目)
  • 23,800円(節目)
  • 23,700円(節目)
  • 23,600円(節目)
  • 23,500円(節目)
  • 23,385円(節目)
  • 23,280円(節目)
  • 23,200円(節目)
  • 23,127.4円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の50%戻し水準)
  • 23,113.2652円(一目均衡表の先行スパン1)
  • 23,050.4円(節目)
  • 22,900円(節目)
  • 22,857.83円(一目均衡表の先行スパン2)
  • 22,800円(節目)
  • 22,752.0647円(25日移動平均線)
  • 22,750円(節目)
  • 22,719.8845円(75日移動平均線)
  • 22,710円(一目均衡表の基準線)
  • 22,650円(節目)
  • 22,560円(節目)
  • 22,450円(節目)
  • 22,423.2558円(200日移動平均線)
  • 22,412.5円(2018年1月23日の高値(20,925.9円)→2018年3月26日の安値(20,347.5円)の23.60%戻し水準)
  • 22,400円(節目)
  • 22,350円(節目)
  • 22,300円(節目)
  • 22,200円(節目)
  • 22,100円(節目)
  • 22,017.9円(2018年1月23日の高値(20,925.9円)→2018年3月26日の安値(20,347.5円)の38.20%戻し水準)
  • 22,000円(本日の予想上限)
  • 21,900円(節目)
  • 21,850円(節目)
  • 21,822.09円(一目均衡表の転換線)
  • 21,730円(節目)
  • 21,698.9円(2018年1月23日の高値(20,925.9円)→2018年3月26日の安値(20,347.5円)の50%戻し水準)
  • 21,688.7円(11月1日終値)
  • 21,600円(節目)
  • 21,530円(節目)
  • 21,400円(本日の予想下限)
  • 21,380円(2018年1月23日の高値(20,925.9円)→2018年3月26日の安値(20,347.5円)の61.80%戻し水準)
  • 21,320円(節目)
  • 21,250円(節目)
  • 21,200円(節目)
  • 21,115円(節目)
  • 21,030円(節目)
  • 21,000円(節目)
  • 20,955円(節目)
  • 20,925.9円(2018年1月23日の高値(20,925.9円)→2018年3月26日の安値(20,347.5円)の76.40%戻し水準)
  • 20,900円(節目)
  • 20,800円(節目)
  • 20,355.4円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の23.60%戻し水準)
  • 19,320.2円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の38.20%戻し水準)
  • 18,020.7円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の38.20%戻し水準)
  • 16,133.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の50%戻し水準)
  • 14,609.5円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の23.60%戻し水準)
  • 14,246.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の61.80%戻し水準)
  • 11,560.3円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の76.40%戻し水準)

NYダウ(2018年11月1日)

NYダウの日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • NYダウ:25,284.00ドル +207.00 (+0.83%)
  • S&P:2,731.75ドル +20.75 (+0.77%)
  • ナスダック:7,301.00ドル -129.75 (-1.75%)

フィボナッチ(長期) ※リーマンショック後安値から2018年1月高値

  • 安値:6,469.95ドル(2009年3月6日)
  • 高値:26,616.71ドル(2018年1月26日)
  • 23.6%:21,862.07ドル
  • 38.2%:18,920.65ドル
  • 50%:16,543.33ドル
  • 61.8%:14,166.01ドル
  • 76.4%:10,781.36ドル

フィボナッチ(短期) ※2018年1月〜3月の下落

  • 高値:26,616.71ドル(2018年1月26日)
  • 安値:23,344.52ドル(2018年3月29日)
  • 23.6%:24,116.76ドル
  • 38.2%:24,594.5ドル
  • 50%:24,980.62ドル
  • 61.8%:25,366.73ドル
  • 76.4%:25,916.16ドル

NYダウ_節目

  • 27,000ドル(節目)
  • 26,900ドル(節目)
  • 26,800ドル(節目)
  • 26,750ドル(節目)
  • 26,700ドル(節目)
  • 26,600ドル(節目)
  • 26,500ドル(節目)
  • 26,400ドル(節目)
  • 26,300ドル(節目)
  • 26,294.1725ドル(一目均衡表の先行スパン1)
  • 26,215ドル(節目)
  • 26,167.94ドル(節目)
  • 26,050ドル(節目)
  • 26,000ドル(節目)
  • 25,916.16ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2018年3月29日の安値(23,344.52ドル)の76.40%戻し水準)
  • 25,900ドル(節目)
  • 25,867.465ドル(一目均衡表の先行スパン2)
  • 25,800ドル(節目)
  • 25,731.0549ドル(75日移動平均線)
  • 25,700ドル(本日の予想上限)
  • 25,634.1564ドル(25日移動平均線)
  • 25,575ドル(節目)
  • 25,537.02ドル(一目均衡表の基準線)
  • 25,450ドル(節目)
  • 25,400ドル(節目)
  • 25,380.74ドル(11月1日終値)
  • 25,366.73ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2018年3月29日の安値(23,344.52ドル)の61.80%戻し水準)
  • 25,315ドル(節目)
  • 25,185ドル(節目)
  • 25,128.6239ドル(200日移動平均線)
  • 25,050ドル(節目)
  • 24,980.62ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2018年3月29日の安値(23,344.52ドル)の50%戻し水準)
  • 24,950ドル(本日の予想下限)
  • 24,860ドル(節目)
  • 24,841.785ドル(一目均衡表の転換線)
  • 24,700ドル(節目)
  • 24,640ドル(節目)
  • 24,594.5ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2018年3月29日の安値(23,344.52ドル)の38.20%戻し水準)
  • 24,500ドル(節目)
  • 24,412.34ドル(節目)
  • 24,250ドル(節目)
  • 24,120ドル(節目)
  • 24,116.76ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2018年3月29日の安値(23,344.52ドル)の23.60%戻し水準)
  • 24,050ドル(節目)
  • 23,900ドル(節目)
  • 23,730ドル(節目)
  • 23,530ドル(節目)
  • 23,344.52ドル(節目)
  • 21,862.07ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の23.60%戻し水準)
  • 18,920.65ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の38.20%戻し水準)
  • 16,543.33ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の50%戻し水準)
  • 14,166.01ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の61.80%戻し水準)
  • 10,781.36ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の76.40%戻し水準)

その他指数、指標

バルチック海運指数:1,490.00 ↓ -23.00 (-1.52%)  ※11月1日終値

SOX指数:1,258.08 ↑ +55.78 (+4.64%)  ※11月1日終値

VIX指数:19.34 ↓ -1.89 (-8.90%)  ※11月1日終値

各国政策金利(短期金利)

  • 米国:2.25%(2018年9月) ↑
  • 日本:0.10%(2018年1月) →
  • 欧州:0.00%(2018年1月) →
  • 英国:0.75%(2018年8月) →
  • カナダ:1.75%(2018年10月) ↑
  • スイス:-1.25%(2018年1月) →
  • 豪州:1.50%(2018年1月) →
  • NZ:1.75%(2018年1月) →
  • 中国:4.35%(2018年1月) →
  • 香港:2.50%(2018年9月) ↑
  • ノルウェー:0.75%(2018年9月) →
  • スウェーデン:-0.50%(2018年1月) →
  • トルコ:24.00%(2018年9月) →
  • メキシコ:7.75%(2018年7月) →
  • 南ア:6.50%(2018年3月) →

10年物国債(長期金利)

※日本時間2日 6:05現在

  • 日本:0.11%(11月) ↓
  • オーストラリア:2.64%(11月) ↑
  • ニュージーランド:2.55%(11月) ↑
  • アメリカ:3.13%(11月) ↓
  • ドイツ:0.40%(11月) ↑
  • イギリス:1.45%(11月) ↑
  • フランス:0.75%(11月) →
  • イタリア:3.37%(11月) ↓
  • スペイン:1.56%(11月) ↑
  • ポルトガル:1.87%(11月) ↑
  • ギリシャ:4.18%(11月) ↓
個人投資家:薬味多めで

弱小兼業個人投資家。

短期投資はFXの裁量取引のみ。

中〜長期投資は個別株、インデックスの積立投資、トラリピでの為替運用をしています。

ハゲてません。

Twitterアカウント@yakumioomede
関連キーワード
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年4月23日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年4月22日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年4月19日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年4月18日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年4月17日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年4月16日-
おすすめの記事
ここまで来たら正気の沙汰じゃない
わしの罫線
昨日、ニューヨーク市場が続落し、円安も一服でしたので安くなるであろうことは分かっていたのですが、個別銘柄の動きが正気の沙汰とは思えません。 ...