株式市場の重要な指標である、日経平均株価やNYダウなどの指数情報と市場を取り巻く政治経済情報と相場動向をまとめました。2019年1月17日(木曜日)も日経平均株価やNYダウをテクニカル分析を使って分析していきます。
メイ首相の代役無しも、英国ブレクジットは事実上の先送りとなる可能性が強くなってきそうな状況

16日(水曜日)の日経平均株価は、前日比112.54円(0.55%)安の20,442.75円と3営業日ぶりに反落しています。前日に20,500円まで上昇していたことで利益確定売りが出た他、英ブレクジット問題などの外部要因や為替相場の動向から朝方は売りが優勢となりました。その後は、個人投資家の回などが内需株などに見られ、下げ幅を縮小しています。

NYダウは続伸し、前日比141.57ドル(0.6%)高の24,207.16ドルと昨年12月中旬依頼の高値で取引を終了しています。世界的な政治の不透明感は払拭されていないものの、ゴールドマン・サックスが発表した2018年10〜12月期決算などが市場コンセンサスを大幅に上回ったことから、1銘柄でNYダウを116ドル程度押し上げる上昇を見せています。

日経平均先物3月物は、前日比10円安の2万0475円で引けています。

ブレクジット案に関する採決を否決した英国議会ですが、その後、英下院で行われたメイ内閣に対する不信任案では、反対は325、賛成は306と僅差で否決しました。これにより、来週月曜日までにメイ首相はブレクジットに関する代替案を出すことになります。

一部の保守党議員は、国民投票再実施に向けた法案提出するなどの動きを見せていますが、この法案が通る可能性は低いと考えられます。

欧州中央銀行の当局者は、ブレクジットに関する英国の混乱が、ユーロ圏経済にマイナスを及ぼすと改めて警告。足元では、牽引役のドイツがマイナス成長に転じてきており、各国の企業心理も悪化してきています

EUの外交官らは今回の英国議会採決が大差で決着したことに不快感を表しているようですが、一部の当局者の話として、英国のEU離脱を2020年まで遅らせる可能性について検討していると英紙タイムズが報じています。

こうしたことから、英国ブレクジットは事実上の先送りとなる可能性が強くなってきそうな状況です。

米国経済では、トランプ大統領が超党派グループと建設的な会合を持ったとホワイトハウスが発表しましたが、あくまでも“双方が互いの要望を理解し合った”としか発表されておらず、自体は進展したとは言い難い状態です。

日経平均株価(2019年1月16日)

日経平均株価の日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • 日経平均:20,442.75円 -112.54 (-0.55%)
  • TOPIX:108.454 -0.19 (-0.18%)
  • CME日経先物(円建て):20,530.00 +45.00 (+0.22%)

本日の日経平均株価は、21,300円から20,700円のレンジを想定しています。

足元の為替相場では、1ドル = 109円台へと円安が進行しており、こうした支援材料もあって本日の寄り付きでは前日終値を超えてスタートすると見ています。

しかしながら、為替相場の円安進行は一時的なものと見ており、株式指数に関しても大きく売り込まれていた所への買い戻しの一端と考えています。今後控えている“材料”を考えても、日経平均株価は21,000円近辺で再度売りと考えており、現状保有しているショートポジションに加えて売り増すタイミングをじっと待ちたいと考えています。

フィボナッチ(長期) ※アベノミクス直前安値から2018年1月の高値

  • 安値:8,135.8円(2011年11月25日)
  • 高値:24,129.3円(2018年1月23日)
  • 23.6%:20,355.4円
  • 38.2%:18,020.7円
  • 50%:16,133.8円
  • 61.8%:14,246.8円
  • 76.4%:11,560.3円

フィボナッチ(短期) ※2018年10月上旬からの下落

  • 高値:24,448.1円(2018年10月2日)
  • 安値:20,971.9円(2018年10月26日)
  • 23.6%:21,792.3円
  • 38.2%:22,299.8円
  • 50%:22,710円
  • 61.8%:23,120.2円
  • 76.4%:23,704.2円

フィボナッチ(超長期) ※バブル最高値から、バブル後の最安値

  • 高値:39,260円(1990年1月5日)
  • 安値:6,994.9円(2008年10月28日)
  • 23.6%:14,609.5円
  • 38.2%:19,320.2円
  • 50%:23,127.4円
  • 61.8%:26,934.7円
  • 76.4%:323,553.3円

日経平均株価_節目

  • 323,553.3円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の76.40%戻し水準)
  • 26,934.7円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の61.80%戻し水準)
  • 24,580円(節目)
  • 24,500円(節目)
  • 24,400円(節目)
  • 24,350円(節目)
  • 24,245円(節目)
  • 24,129.3円(節目)
  • 24,000円(節目)
  • 23,900円(節目)
  • 23,800円(節目)
  • 23,704.2円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の76.40%戻し水準)
  • 23,700円(節目)
  • 23,600円(節目)
  • 23,500円(節目)
  • 23,385円(節目)
  • 23,280円(節目)
  • 23,200円(節目)
  • 23,127.4円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の50%戻し水準)
  • 23,120.2円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の61.80%戻し水準)
  • 23,050.4円(節目)
  • 22,900円(節目)
  • 22,800円(節目)
  • 22,750円(節目)
  • 22,710円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の50%戻し水準)
  • 22,710円(一目均衡表の先行スパン2)
  • 22,650円(節目)
  • 22,560円(節目)
  • 22,500円(節目)
  • 22,450円(節目)
  • 22,400円(節目)
  • 22,350円(節目)
  • 22,300円(節目)
  • 22,299.8円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の38.20%戻し水準)
  • 22,200円(節目)
  • 22,182.7399円(200日移動平均線)
  • 22,100円(節目)
  • 22,000円(節目)
  • 21,903.2223円(一目均衡表の先行スパン1)
  • 21,900円(節目)
  • 21,888.7036円(75日移動平均線)
  • 21,850円(節目)
  • 21,792.3円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の23.60%戻し水準)
  • 21,730円(節目)
  • 21,600円(節目)
  • 21,530円(節目)
  • 21,500円(節目)
  • 21,400円(節目)
  • 21,320円(節目)
  • 21,250円(節目)
  • 21,200円(節目)
  • 21,115円(節目)
  • 21,000円(節目)
  • 20,955円(節目)
  • 20,900円(節目)
  • 20,800円(節目)
  • 20,762.5995円(一目均衡表の基準線)
  • 20,700円(本日の予想上限)
  • 20,670.348円(25日移動平均線)
  • 20,600円(節目)
  • 20,500円(節目)
  • 20,450円(節目)
  • 20,442.8円(1月16日終値)
  • 20,355.4円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の23.60%戻し水準)
  • 20,300円(本日の予想下限)
  • 20,200円(節目)
  • 20,100円(節目)
  • 20,000円(節目)
  • 19,910.8095円(一目均衡表の転換線)
  • 19,900円(節目)
  • 19,800円(節目)
  • 19,700円(節目)
  • 19,600円(節目)
  • 19,500円(節目)
  • 19,400円(節目)
  • 19,320.2円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の38.20%戻し水準)
  • 19,300円(節目)
  • 19,200円(節目)
  • 19,100円(節目)
  • 19,000円(節目)
  • 18,020.7円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の38.20%戻し水準)
  • 16,133.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の50%戻し水準)
  • 14,609.5円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の23.60%戻し水準)
  • 14,246.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の61.80%戻し水準)
  • 11,560.3円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の76.40%戻し水準)

NYダウ(2019年1月16日)

NYダウの日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • NYダウ:24,208.00ドル +224.00 (+0.93%)
  • S&P:2,619.25ドル +13.75 (+0.53%)
  • ナスダック:7,301.00ドル -129.75 (-1.75%)

フィボナッチ(長期) ※リーマンショック後安値から2018年1月高値

  • 安値:6,469.95ドル(2009年3月6日)
  • 高値:26,616.71ドル(2018年1月26日)
  • 23.6%:21,862.07ドル
  • 38.2%:18,920.65ドル
  • 50%:16,543.33ドル
  • 61.8%:14,166.01ドル
  • 76.4%:10,781.36ドル

NYダウ_節目

  • 27,000ドル(節目)
  • 26,900ドル(節目)
  • 26,800ドル(節目)
  • 26,750ドル(節目)
  • 26,700ドル(節目)
  • 26,600ドル(節目)
  • 26,500ドル(節目)
  • 26,400ドル(節目)
  • 26,300ドル(節目)
  • 26,215ドル(節目)
  • 26,167.94ドル(節目)
  • 26,050ドル(節目)
  • 26,000ドル(節目)
  • 25,900ドル(節目)
  • 25,800ドル(節目)
  • 25,700ドル(節目)
  • 25,575ドル(節目)
  • 25,537.02ドル(一目均衡表の先行スパン2)
  • 25,450ドル(節目)
  • 25,400ドル(節目)
  • 25,315ドル(節目)
  • 25,185.6175ドル(一目均衡表の先行スパン1)
  • 25,185ドル(節目)
  • 25,050ドル(節目)
  • 24,964.9097ドル(200日移動平均線)
  • 24,950ドル(節目)
  • 24,860ドル(節目)
  • 24,787.3961ドル(75日移動平均線)
  • 24,700ドル(節目)
  • 24,640ドル(節目)
  • 24,500ドル(節目)
  • 24,400ドル(本日の予想上限)
  • 24,250ドル(節目)
  • 24,207.16ドル(1月16日終値)
  • 24,120ドル(節目)
  • 24,050ドル(節目)
  • 23,900ドル(本日の予想下限)
  • 23,730ドル(節目)
  • 23,591.765ドル(一目均衡表の転換線)
  • 23,541.4392ドル(25日移動平均線)
  • 23,530ドル(節目)
  • 23,344.52ドル(節目)
  • 23,270.41ドル(一目均衡表の基準線)
  • 23,250ドル(節目)
  • 23,150ドル(節目)
  • 23,000ドル(節目)
  • 22,850ドル(節目)
  • 22,650ドル(節目)
  • 22,400ドル(節目)
  • 22,220ドル(節目)
  • 22,000ドル(節目)
  • 21,862.07ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の23.60%戻し水準)
  • 21,750ドル(節目)
  • 21,600ドル(節目)
  • 21,500ドル(節目)
  • 21,300ドル(節目)
  • 21,100ドル(節目)
  • 21,000ドル(節目)
  • 18,920.65ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の38.20%戻し水準)
  • 16,543.33ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の50%戻し水準)
  • 14,166.01ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の61.80%戻し水準)
  • 10,781.36ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の76.40%戻し水準)

その他指数、指標

バルチック海運指数:1,147.00 ↓ -22.00 (-1.88%)  ※1月16日終値

SOX指数:1,187.20 ↓ -9.83 (-0.82%)  ※1月16日終値

VIX指数:18.65 ↑ +0.05 (+0.27%)  ※1月16日終値

各国政策金利(短期金利)

  • 米国:2.50%(2018年12月) ↑
  • 日本:0.10%(2018年1月) ↑
  • 欧州:0.00%(2018年1月) →
  • 英国:0.75%(2018年9月) ↑
  • カナダ:1.75%(2018年10月) ↑
  • スイス:-1.25%(2018年1月) ↓
  • 豪州:1.50%(2018年1月) ↑
  • NZ:1.75%(2018年1月) →
  • 中国:4.35%(2018年1月) →
  • 香港:2.75%(2018年12月) ↑
  • ノルウェー:0.75%(2018年9月) ↑
  • スウェーデン:-0.25%(2018年12月) ↓
  • トルコ:24.00%(2018年9月) ↑
  • メキシコ:8.25%(2018年12月) ↑
  • 南ア:6.75%(2018年11月) ↑

10年物国債(長期金利)

※日本時間17日 6:05現在

  • 日本:0.00%(1月) →
  • オーストラリア:2.27%(1月) ↓
  • ニュージーランド:2.25%(1月) ↓
  • アメリカ:2.72%(1月) ↑
  • ドイツ:0.22%(1月) ↑
  • イギリス:1.31%(1月) ↑
  • フランス:0.63%(1月) ↑
  • イタリア:2.75%(1月) ↓
  • スペイン:1.37%(1月) ↓
  • ポルトガル:1.78%(1月) ↑
  • ギリシャ:4.20%(1月) ↓
個人投資家:薬味多めで

弱小兼業個人投資家。

短期投資はFXの裁量取引のみ。

中〜長期投資は個別株、インデックスの積立投資、トラリピでの為替運用をしています。

ハゲてません。

Twitterアカウント@yakumioomede
関連キーワード
  • 本日の東京市場・為替相場の値動き動向-2019年10月12日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年10月12日-
  • 本日の東京市場・為替相場の値動き動向-2019年10月11日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年10月11日-
  • 本日の東京市場・為替相場の値動き動向-2019年10月10日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年10月10日-
おすすめの記事