株式市場の重要な指標である、日経平均株価やNYダウなどの指数情報と市場を取り巻く政治経済情報と相場動向をまとめました。2019年1月7日(月曜日)も日経平均株価やNYダウをテクニカル分析を使って分析していきます。
ボラリティーが拡大している東京株式市場、基本戦略は戻り売りに変更なし

1月4日(金曜日)の日経平均株価は、18年12月28日の終値と比べて452.81円(2.26%)安の19,561.96円と大幅に続落。為替相場での急激な円高進行を背景に、警戒感が強まった格好です。

NYダウは、前日比746.94ドル(3.3%)高の23,433.16ドルと大幅に上昇して取引を終了しています。発表された雇用統計が市場コンセンサスを上回ったことに加え、パウエルFRB議長の発言からFRBによる利上げスピードの後退などがプラスに働いた格好です。

日経平均先物3月物は、620円高の20,100円で引けてます。

年末年始の休暇を終えて、今週から相場に本格復帰してくる投資家も多いことかと思いますが、株式相場を取り巻く環境を整理しておきましょう。

米国の内政では、メキシコとの国境の壁建設を巡るトランプ大統領と議会との対立は収まる気配を見せません。一部政府機関の閉鎖に関してはすでに3週間目に入っており、今後、トランプ大統領の行動がより強硬になっていく可能性も高く注意が必要です。

そのトランプ大統領が痛烈に批判を繰り返していたFRBによる利上げに関して、4日にはパウエルFRB議長が、歴代のFRB議長らとの討論会で、現行の金融政策を必要に応じて大幅に変更するなど柔軟に対応するとの発言を行ったことで、景気減速が懸念される2019年の利上げ回数に関してこれまでよりも少なくなるのではないかという観測が台頭。強い結果となった雇用統計ととこに、長期金利の上昇や株式相場の上昇を支えた格好です。

その米国と中国との間での米中貿易摩擦問題では、7〜8日に北京で次官級の交渉を予定しています。大幅に状況が好転するとは考えにくいところですが、一時的なポジティブサプライズとなる報道には十分に注意しておきたいところです。

英国を巡るブレクジット問題では、BBCの番組に出演したメイ首相が、1月14日の週に予定されているEUからの離脱案の英議会での採決を「必ずやる」と言明。議会から否決された場合には、合意なき離脱の可能性にも言及し、警告を発しています。

日経平均株価(2019年1月4日)

日経平均株価の日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • 日経平均:19,561.96円 -452.81 (-2.26%)
  • TOPIX:108.121 +0.26 (+0.24%)
  • CME日経先物(円建て):20,135.00 +765.00 (+3.95%)

本日の日経平均株価は、19,700円から20,300円のレンジを想定しています。

為替相場の波乱も含め、東京株式市場でも日経平均株価のボラリティーは非常に高くなっています。

大幅な続落を見せた4日(金曜日)の大発会ですが、NY株式市場の急激な反発を背景に本日は大きく上昇してきそうです。

しかしながら、相場の見立ては昨年末からと変わらず。戻り売りを基本に、ドル円は109円を背にした戻り売り、日経平均も21,000円を背にした戻り売りスタンスで臨みたいところです。

フィボナッチ(長期) ※アベノミクス直前安値から2018年1月の高値

  • 安値:8,135.8円(2011年11月25日)
  • 高値:24,129.3円(2018年1月23日)
  • 23.6%:20,355.4円
  • 38.2%:18,020.7円
  • 50%:16,133.8円
  • 61.8%:14,246.8円
  • 76.4%:11,560.3円

フィボナッチ(短期) ※2018年10月上旬からの下落

  • 高値:24,448.1円(2018年10月2日)
  • 安値:20,971.9円(2018年10月26日)
  • 23.6%:21,792.3円
  • 38.2%:22,299.8円
  • 50%:22,710円
  • 61.8%:23,120.2円
  • 76.4%:23,704.2円

フィボナッチ(超長期) ※バブル最高値から、バブル後の最安値

  • 高値:39,260円(1990年1月5日)
  • 安値:6,994.9円(2008年10月28日)
  • 23.6%:14,609.5円
  • 38.2%:19,320.2円
  • 50%:23,127.4円
  • 61.8%:26,934.7円
  • 76.4%:323,553.3円

日経平均株価_節目

  • 323,553.3円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の76.40%戻し水準)
  • 26,934.7円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の61.80%戻し水準)
  • 24,580円(節目)
  • 24,500円(節目)
  • 24,400円(節目)
  • 24,350円(節目)
  • 24,245円(節目)
  • 24,129.3円(節目)
  • 24,000円(節目)
  • 23,900円(節目)
  • 23,800円(節目)
  • 23,704.2円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の76.40%戻し水準)
  • 23,700円(節目)
  • 23,600円(節目)
  • 23,500円(節目)
  • 23,385円(節目)
  • 23,280円(節目)
  • 23,200円(節目)
  • 23,127.4円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の50%戻し水準)
  • 23,120.2円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の61.80%戻し水準)
  • 23,050.4円(節目)
  • 22,900円(節目)
  • 22,800円(節目)
  • 22,750円(節目)
  • 22,710円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の50%戻し水準)
  • 22,710円(一目均衡表の先行スパン2)
  • 22,650円(節目)
  • 22,560円(節目)
  • 22,500円(節目)
  • 22,450円(節目)
  • 22,400円(節目)
  • 22,350円(節目)
  • 22,300円(節目)
  • 22,299.8円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の38.20%戻し水準)
  • 22,230.1804円(200日移動平均線)
  • 22,200円(節目)
  • 22,152.1924円(75日移動平均線)
  • 22,100円(節目)
  • 22,000円(節目)
  • 21,917.3253円(一目均衡表の先行スパン1)
  • 21,900円(節目)
  • 21,850円(節目)
  • 21,792.3円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の23.60%戻し水準)
  • 21,730円(節目)
  • 21,600円(節目)
  • 21,530円(節目)
  • 21,500円(節目)
  • 21,400円(節目)
  • 21,320円(節目)
  • 21,250円(節目)
  • 21,200円(節目)
  • 21,189.3192円(25日移動平均線)
  • 21,115円(節目)
  • 21,000円(節目)
  • 20,955円(節目)
  • 20,900円(節目)
  • 20,823.6845円(一目均衡表の基準線)
  • 20,800円(節目)
  • 20,700円(節目)
  • 20,600円(節目)
  • 20,500円(節目)
  • 20,450円(節目)
  • 20,355.4円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の23.60%戻し水準)
  • 20,300円(本日の予想上限)
  • 20,200円(節目)
  • 20,139.4695円(一目均衡表の転換線)
  • 20,100円(節目)
  • 20,000円(節目)
  • 19,900円(節目)
  • 19,800円(節目)
  • 19,700円(本日の予想下限)
  • 19,600円(節目)
  • 19,562円(1月4日終値)
  • 19,500円(節目)
  • 19,400円(節目)
  • 19,320.2円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の38.20%戻し水準)
  • 19,300円(節目)
  • 19,200円(節目)
  • 19,100円(節目)
  • 19,000円(節目)
  • 18,020.7円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の38.20%戻し水準)
  • 16,133.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の50%戻し水準)
  • 14,609.5円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の23.60%戻し水準)
  • 14,246.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の61.80%戻し水準)
  • 11,560.3円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の76.40%戻し水準)

NYダウ(2019年1月4日)

NYダウの日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • NYダウ:23,409.00ドル +750.00 (+3.31%)
  • S&P:2,530.50ドル +82.75 (+3.38%)
  • ナスダック:7,301.00ドル -129.75 (-1.75%)

フィボナッチ(長期) ※リーマンショック後安値から2018年1月高値

  • 安値:6,469.95ドル(2009年3月6日)
  • 高値:26,616.71ドル(2018年1月26日)
  • 23.6%:21,862.07ドル
  • 38.2%:18,920.65ドル
  • 50%:16,543.33ドル
  • 61.8%:14,166.01ドル
  • 76.4%:10,781.36ドル

NYダウ_節目

  • 27,000ドル(節目)
  • 26,900ドル(節目)
  • 26,800ドル(節目)
  • 26,750ドル(節目)
  • 26,700ドル(節目)
  • 26,600ドル(節目)
  • 26,500ドル(節目)
  • 26,400ドル(節目)
  • 26,300ドル(節目)
  • 26,215ドル(節目)
  • 26,167.94ドル(節目)
  • 26,050ドル(節目)
  • 26,000ドル(節目)
  • 25,900ドル(節目)
  • 25,800ドル(節目)
  • 25,700ドル(節目)
  • 25,575ドル(節目)
  • 25,537.02ドル(一目均衡表の先行スパン2)
  • 25,450ドル(節目)
  • 25,400ドル(節目)
  • 25,315ドル(節目)
  • 25,185ドル(節目)
  • 25,061.4533ドル(75日移動平均線)
  • 25,050ドル(節目)
  • 25,044.955ドル(一目均衡表の先行スパン1)
  • 24,967.165ドル(200日移動平均線)
  • 24,950ドル(節目)
  • 24,860ドル(節目)
  • 24,700ドル(節目)
  • 24,640ドル(節目)
  • 24,500ドル(節目)
  • 24,400ドル(節目)
  • 24,250ドル(節目)
  • 24,120ドル(節目)
  • 24,050ドル(節目)
  • 23,920.5884ドル(25日移動平均線)
  • 23,900ドル(節目)
  • 23,846.37ドル(一目均衡表の基準線)
  • 23,730ドル(本日の予想上限)
  • 23,530ドル(節目)
  • 23,433.16ドル(1月4日終値)
  • 23,344.52ドル(節目)
  • 23,250ドル(節目)
  • 23,150ドル(節目)
  • 23,000ドル(節目)
  • 22,850ドル(節目)
  • 22,650ドル(本日の予想下限)
  • 22,615.585ドル(一目均衡表の転換線)
  • 22,400ドル(節目)
  • 22,220ドル(節目)
  • 22,000ドル(節目)
  • 21,862.07ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の23.60%戻し水準)
  • 21,750ドル(節目)
  • 21,600ドル(節目)
  • 21,500ドル(節目)
  • 21,300ドル(節目)
  • 21,100ドル(節目)
  • 21,000ドル(節目)
  • 18,920.65ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の38.20%戻し水準)
  • 16,543.33ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の50%戻し水準)
  • 14,166.01ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の61.80%戻し水準)
  • 10,781.36ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の76.40%戻し水準)

その他指数、指標

バルチック海運指数:1,267.00 ↓ -15.00 (-1.17%)  ※1月4日終値

SOX指数:1,143.94 ↑ +47.91 (+4.37%)  ※1月4日終値

VIX指数:21.54 ↓ -3.91 (-15.36%)  ※1月4日終値

各国政策金利(短期金利)

  • 米国:2.50%(2018年12月) ↑
  • 日本:0.10%(2018年1月) ↑
  • 欧州:0.00%(2018年1月) →
  • 英国:0.75%(2018年9月) ↑
  • カナダ:1.75%(2018年10月) ↑
  • スイス:-1.25%(2018年1月) ↓
  • 豪州:1.50%(2018年1月) ↑
  • NZ:1.75%(2018年1月) →
  • 中国:4.35%(2018年1月) →
  • 香港:2.75%(2018年12月) ↑
  • ノルウェー:0.75%(2018年9月) ↑
  • スウェーデン:-0.25%(2018年12月) ↓
  • トルコ:24.00%(2018年9月) ↑
  • メキシコ:8.25%(2018年12月) ↑
  • 南ア:6.75%(2018年11月) ↑

10年物国債(長期金利)

※日本時間5日 6:05現在

  • 日本:-0.05%(1月) ↓
  • オーストラリア:2.23%(1月) ↑
  • ニュージーランド:2.31%(1月) ↑
  • アメリカ:2.66%(1月) ↑
  • ドイツ:0.20%(1月) ↑
  • イギリス:1.27%(1月) ↑
  • フランス:0.69%(1月) ↑
  • イタリア:2.89%(1月) ↑
  • スペイン:1.47%(1月) ↑
  • ポルトガル:1.80%(1月) ↑
  • ギリシャ:4.37%(1月) →
個人投資家:薬味多めで

弱小兼業個人投資家。

短期投資はFXの裁量取引のみ。

中〜長期投資は個別株、インデックスの積立投資、トラリピでの為替運用をしています。

ハゲてません。

Twitterアカウント@yakumioomede
関連キーワード
  • 本日の東京市場・為替相場の値動き動向-2019年9月21日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年9月21日-
  • 本日の東京市場・為替相場の値動き動向-2019年9月20日-
  • 本日の東京市場・為替相場の値動き動向-2019年9月19日-
  • 本日の東京市場・為替相場の値動き動向-2019年9月18日-
  • 本日の東京市場・為替相場の値動き動向-2019年9月17日-
おすすめの記事