株式市場の重要な指標である、日経平均株価やNYダウなどの指数情報と相場動向をまとめました。12月3日(月曜日)も日経平均株価やNYダウをテクニカル分析を使って分析していきます。
本日の株式市場の株価指数・商品指数の動向予測-2018年12月3日-

30日(金曜日)の日経平均株価は、前日比88.46円(0.40%)高の22,351.06円と6日続伸しました。G20後の米中首脳会談を前に、売り物の買い戻しが優勢となりました。

NYダウは、前日比199.62ドル(0.8%)高の25,538.46ドルと反発。米国が中国にかける追加関税を見送るのではないかとの観測報道が、買い優勢の展開となりました。

日経平均先物12月物は、前日比130円高の22,420円となっています。

注目されていたG20、及び米中首脳会談では、ある程度事前に想定されていた内容で終了しています。G20では、首脳宣言で保護主義と闘うとの一文が、米国の強硬な反対で削除。WTOの改革促進などでは合意が取れたものの、保護貿易やパリ協定の遵守に関しては米国対19カ国という構図が鮮明となりました。

また、米中首脳会談では90日間の猶予を儲けることで合意しましたが、実際に90日間で両国の溝が埋まるのかどうか?特に米国が重要視している中国製造2025計画に関しては、習近平国家主席も引っ込めることはできない最重要項目なだけに、今後も薄氷の上を歩くような交渉と言う点では代わりありません。

さて、今週からは再び英国ブレクジットに関して、メイ首相と英国議会との交渉に焦点が集まってきます。

日経平均株価(2018年11月30日)

日経平均株価の日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • 日経平均:22,351.06円 +88.46 (+0.40%)
  • TOPIX:1,667.45 +7.98 (+0.50%)
  • CME日経先物(円建て):22,390.00 +100.00 (+0.45%)

本日の日経平均株価は、本日も22,000円から22,500円のレンジを想定しています。

市場関係者からは、重要イベントを通過したことで一旦リスク選好の動きが強まるとの見方が多く聞かれています。となると、本日の注目は、22,450円を上抜けて終了するかどうかに注目していきたいと思います(図中:青のトレンドライン)。

フィボナッチ(長期) ※アベノミクス直前安値から2018年1月の高値

  • 安値:8,135.8円(2011年11月25日)
  • 高値:24,129.3円(2018年1月23日)
  • 23.6%:20,355.4円
  • 38.2%:18,020.7円
  • 50%:16,133.8円
  • 61.8%:14,246.8円
  • 76.4%:11,560.3円

フィボナッチ(短期) ※2018年10月上旬からの下落

  • 高値:24,448.1円(2018年10月2日)
  • 安値:20,971.9円(2018年10月26日)
  • 23.6%:21,792.3円
  • 38.2%:22,299.8円
  • 50%:22,710円
  • 61.8%:23,120.2円
  • 76.4%:23,704.2円

フィボナッチ(超長期) ※バブル最高値から、バブル後の最安値

  • 高値:39,260円(1990年1月5日)
  • 安値:6,994.9円(2008年10月28日)
  • 23.6%:14,609.5円
  • 38.2%:19,320.2円
  • 50%:23,127.4円
  • 61.8%:26,934.7円
  • 76.4%:323,553.3円

日経平均株価_節目

  • 323,553.3円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の76.40%戻し水準)
  • 26,934.7円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の61.80%戻し水準)
  • 24,580円(節目)
  • 24,500円(節目)
  • 24,400円(節目)
  • 24,350円(節目)
  • 24,245円(節目)
  • 24,129.3円(節目)
  • 24,000円(節目)
  • 23,900円(節目)
  • 23,807.58円(一目均衡表の先行スパン1)
  • 23,800円(節目)
  • 23,704.2円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の76.40%戻し水準)
  • 23,700円(節目)
  • 23,600円(節目)
  • 23,500円(節目)
  • 23,385円(節目)
  • 23,280円(節目)
  • 23,200円(節目)
  • 23,149.695円(一目均衡表の先行スパン2)
  • 23,127.4円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の50%戻し水準)
  • 23,120.2円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の61.80%戻し水準)
  • 23,050.4円(節目)
  • 22,900円(節目)
  • 22,800円(節目)
  • 22,750円(節目)
  • 22,710円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の50%戻し水準)
  • 22,650円(節目)
  • 22,565.3641円(75日移動平均線)
  • 22,560円(節目)
  • 22,500円(本日の予想上限)
  • 22,450円(節目)
  • 22,400円(節目)
  • 22,351.1円(11月30日終値)
  • 22,350円(節目)
  • 22,300.0416円(200日移動平均線)
  • 22,300円(節目)
  • 22,299.8円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の38.20%戻し水準)
  • 22,200円(節目)
  • 22,100円(節目)
  • 22,000円(本日の予想下限)
  • 21,900円(節目)
  • 21,881.4984円(25日移動平均線)
  • 21,850円(節目)
  • 21,840.665円(一目均衡表の転換線)
  • 21,792.3円(2018年10月2日の高値(24,448.1円)→2018年10月26日の安値(20,971.9円)の23.60%戻し水準)
  • 21,777.68円(一目均衡表の基準線)
  • 21,730円(節目)
  • 21,600円(節目)
  • 21,530円(節目)
  • 21,400円(節目)
  • 21,320円(節目)
  • 21,250円(節目)
  • 21,200円(節目)
  • 21,115円(節目)
  • 21,030円(節目)
  • 21,000円(節目)
  • 20,955円(節目)
  • 20,900円(節目)
  • 20,800円(節目)
  • 20,355.4円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の23.60%戻し水準)
  • 19,320.2円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の38.20%戻し水準)
  • 18,020.7円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の38.20%戻し水準)
  • 16,133.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の50%戻し水準)
  • 14,609.5円(1990年1月5日の高値(39,260円)→2008年10月28日の安値(6,994.9円)の23.60%戻し水準)
  • 14,246.8円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の61.80%戻し水準)
  • 11,560.3円(2018年1月23日の高値(24,129.3円)→2011年11月25日の安値(8,135.8円)の76.40%戻し水準)

NYダウ(2018年11月30日)

NYダウの日足チャート
チャート 出典:TradingView
  • NYダウ:25,508.00ドル +117.00 (+0.46%)
  • S&P:2,755.75ドル +11.50 (+0.42%)
  • ナスダック:7,301.00ドル -129.75 (-1.75%)

フィボナッチ(長期) ※リーマンショック後安値から2018年1月高値

  • 安値:6,469.95ドル(2009年3月6日)
  • 高値:26,616.71ドル(2018年1月26日)
  • 23.6%:21,862.07ドル
  • 38.2%:18,920.65ドル
  • 50%:16,543.33ドル
  • 61.8%:14,166.01ドル
  • 76.4%:10,781.36ドル

NYダウ_節目

  • 27,000ドル(節目)
  • 26,900ドル(節目)
  • 26,800ドル(節目)
  • 26,750ドル(節目)
  • 26,700ドル(節目)
  • 26,600ドル(節目)
  • 26,500ドル(節目)
  • 26,400ドル(節目)
  • 26,300ドル(節目)
  • 26,215ドル(節目)
  • 26,167.94ドル(節目)
  • 26,050ドル(節目)
  • 26,000ドル(節目)
  • 25,900ドル(節目)
  • 25,800ドル(本日の予想上限)
  • 25,742.5ドル(一目均衡表の先行スパン2)
  • 25,707.3021ドル(75日移動平均線)
  • 25,700ドル(節目)
  • 25,575ドル(節目)
  • 25,538.46ドル(11月30日終値)
  • 25,458.9675ドル(一目均衡表の先行スパン1)
  • 25,450ドル(節目)
  • 25,400ドル(節目)
  • 25,315ドル(節目)
  • 25,200.025ドル(一目均衡表の基準線)
  • 25,185ドル(節目)
  • 25,182.1524ドル(25日移動平均線)
  • 25,105.5262ドル(200日移動平均線)
  • 25,050ドル(節目)
  • 24,950ドル(本日の予想下限)
  • 24,909.225ドル(一目均衡表の転換線)
  • 24,860ドル(節目)
  • 24,700ドル(節目)
  • 24,640ドル(節目)
  • 24,500ドル(節目)
  • 24,400ドル(節目)
  • 24,250ドル(節目)
  • 24,120ドル(節目)
  • 24,050ドル(節目)
  • 23,900ドル(節目)
  • 23,730ドル(節目)
  • 23,530ドル(節目)
  • 23,344.52ドル(節目)
  • 21,862.07ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の23.60%戻し水準)
  • 18,920.65ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の38.20%戻し水準)
  • 16,543.33ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の50%戻し水準)
  • 14,166.01ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の61.80%戻し水準)
  • 10,781.36ドル(2018年1月26日の高値(26,616.71ドル)→2009年3月6日の安値(6,469.95ドル)の76.40%戻し水準)

その他指数、指標

バルチック海運指数:1,281.00 ↓ -49.00 (-3.68%)  ※11月30日終値

SOX指数:1,239.59 ↑ +18.16 (+1.49%)  ※11月30日終値

VIX指数:18.55 ↓ -0.24 (-1.28%)  ※11月30日終値

各国政策金利(短期金利)

  • 米国:2.25%(2018年9月) →
  • 日本:0.10%(2018年1月) →
  • 欧州:0.00%(2018年1月) →
  • 英国:0.75%(2018年9月) →
  • カナダ:1.75%(2018年10月) ↑
  • スイス:-1.25%(2018年1月) →
  • 豪州:1.50%(2018年1月) →
  • NZ:1.75%(2018年1月) →
  • 中国:4.35%(2018年1月) →
  • 香港:2.50%(2018年9月) →
  • ノルウェー:0.75%(2018年9月) →
  • スウェーデン:-0.50%(2018年1月) →
  • トルコ:24.00%(2018年9月) →
  • メキシコ:8.00%(2018年11月) ↑
  • 南ア:6.75%(2018年11月) ↑

10年物国債(長期金利)

※日本時間1日 6:05現在

  • 日本:0.08%(12月) ↑
  • オーストラリア:2.59%(12月) ↓
  • ニュージーランド:2.55%(12月) ↓
  • アメリカ:3.00%(12月) ↓
  • ドイツ:0.31%(12月) ↓
  • イギリス:1.36%(12月) →
  • フランス:0.68%(12月) ↓
  • イタリア:3.21%(12月) ↑
  • スペイン:1.50%(12月) →
  • ポルトガル:1.82%(12月) →
  • ギリシャ:4.23%(12月) →
個人投資家:薬味多めで

弱小兼業個人投資家。

短期投資はFXの裁量取引のみ。

中〜長期投資は個別株、インデックスの積立投資、トラリピでの為替運用をしています。

ハゲてません。

Twitterアカウント@yakumioomede
関連キーワード
  • 本日の東京市場・為替相場の値動き動向-2019年7月19日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年7月19日-
  • 本日の東京市場・為替相場の値動き動向-2019年7月18日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年7月18日-
  • 本日の東京市場・為替相場の値動き動向-2019年7月17日-
  • 本日の株式市場の株価指数・商品指数の値動き動向-2019年7月17日-
おすすめの記事