ミリオンストック投資顧問の堀篤が、2019年7月16日(火曜日)に相場動向を独自に解説。"米国市場は予想通り史上最高値へ"。
円高を見ながら盛り上りを取り戻す株式市場

上げるべき週に上げられなかった日経平均

今週は、いよいよ東京市場がボックス圏を脱するか否か、ポイントの週になりそうだ。先週は、7月16日から始まる株式売買決済期間の短縮(3営業日が2営業日に)に関連する売買高減少に加え、テクニカル的な要因、さらに円高など不透明要因が重なり、東京市場は盛り上がりに欠ける展開となった。

ここ何十年も変わらなかった株式売買の受渡期日が変わる、ということは、株式市場、それに関連する決済システムをすべて変更することになる。とはいえ、筆者は、その影響で売買高がここまで減少するとは思えないが、それでも実際に先週の東京市場は、周囲の環境とも相まって、参加者不在となってしまった。

テクニカル的には、200日移動平均線が下値をサポートし、下降波動中の上値を結ぶ傾向ラインが上値抵抗線となってもちあいとなる展開だ。

米国市場の好調さから考えれば、この上値抵抗線を突破して然るべきだろう。

米国市場は予想通り、史上最高値へ

先週、米国市場は、前週の雇用統計が強い数値であったがために、市場では、利下げ期待が後退し、調整傾向を見せていた。しかし、10日、11日のパウエルFRB議長の議会証言によって、利下げへの期待は復活し、NY市場は3連騰を演じ、史上最高値を更新している。

この動向は、先週のコラムで予想した通りの展開だったが、東京市場は、これに反応することができず、日経平均は、従来のボックス圏の上限に張り付いたまま終わった。

日経平均はシステム復活などによる売買高の戻りによって、22,000円を抜ける展開が考えられる一方で、先週と同じように上値が重いようだと、今度は一旦下へ振れるリスクが生じる。チャンスの裏はピンチだ、ということだ。そして、その可能性も十分にある。その要因は為替だ

NY市場の上昇原因が利下げにあるだけに、ドルが下落するのは当然の流れだと言える。先週のドル円は、108円を割れる展開となっており、6月24日の107円ちょうど近辺を目指すようだと、日経平均上昇の妨げになるだろう。 中期的には日米貿易物品交渉、消費税増税の影響、中国景気の動向、など、難問が多いため、銘柄選別は、消去法的な選別をせざるを得ないだろう。しかし、余剰資金は大きいだけに、今月後半は、銘柄選択的確であれば、パフォーマンスを上げるチャンスになるはずだ

※ミリオンストック投資顧問の無料メールマガジンでは、具体的な注目銘柄名なども無料で配信中です。

ミリオンストック投資顧問 : 堀 篤

野村證券(株)(現野村HD)にて営業・商品企画・IPOコンサルティング・M&A等業務に従事。1998年、野村證券(株)退社後、上場企業2社(現タカラトミー、インデックス)の役員を勤め、IR、M&Aを推進

2007年、(株)日本マネジコを設立し、上場企業への投資・ファイナンスアドバイス・証券会社向け研修事業、を行うと共に、投資家向けコンテンツなど制作、提供しています。

投資家向けには「YAHOOファイナンス公式ガイドブック」日経ビジネス「お金の学校」、「勝つ!オンライントレード」を執筆。監修として「ウォール街があなたに知られたくないこと」「投資 4つの黄金則」「10日で学ぶMBA」ほか、専門知識を活用して様々な方面で活躍中。証券マン、上場企業役員、投資家、という3方向から30年以上証券市場と向き合ってきた経験を活かし、各々の側面から企業・証券を分析する手法をとる。

ミリオンストック投資顧問(ミリオンストック)に特別アドバイザーとして在籍する、日本証券アナリスト協会検定会員。

兜町から発信される早耳情報の決定版!情報通の早耳コラム

関連キーワード
  • まだ不安定な状況が続く東京市場
  • 21,300円が重要ラインとなるだろう
  • 日経平均は正念場だが、個別銘柄開拓に注力を
  • 材料的には21,000円、テクニカルでは22,000円
  • 円高を見ながら盛り上りを取り戻す株式市場
  • 上昇期待が高まるが、パフォーマンスには差が出る環境
おすすめの記事