ミリオンストック投資顧問の堀篤が、2019年6月3日(月曜日)に相場動向を独自に解説。"状況は厳しいと言わざるを得ない"。
20,300円、19,700円の2つのポイント

先週の日経平均株価は、1週間で2.4%下落し、ボックス圏の下限価格を下方へ突破して終わった。

それでも短期ボックス、中期上昇、という解釈を守るには、20,300円を死守しなくてはならない。しかし、海外での先物の状況や為替、原油の動きを見た場合、この水準は下へ突破される可能性が強い。

一方、短期調整、中期上昇、という局面の維持で妥協した場合でも、下値は19,700円程度まで程度しか許容できない。2012年から始まった上昇相場の下値支持線が、その水準に当たるからだ。つまり、中期的な投資家は、19,700円を割れるまでは様子を見るが、そこを割れるようなら売却すべき、ということになる。

月曜朝、売却圧力が大きいようなら、20,300円の防衛ラインはすぐに後退し、20,000円という心理的な節目を含めた防衛ラインが敷かれることになる。もちろん、この防衛ラインが明確に破られた場合、その後の展開に与える影響は大きい。今度は、20,000円が上値の抵抗線となるからだ。

ただし、一時的に割れたとしても、19,700円までですぐに20,000円に戻る、という動きが出れば、ぎりぎりで中期的な上昇に中に留まったことになり、逆に絶好の買い場となる。この攻防戦は、傍観者から見れば、見どころになるだろう。

しかし、19,700円を割り込み、20,000円までに瞬時に戻ることが難しくなった場合、日経平均は空売り攻撃にさらされ、18,000円程度までの急落につながる可能性が出てくる。

いずれにしても、日経平均がどこで下げ止まるか、今週は注目される展開となるだろう。

こうなった原因は、報道で知られている通り、米国のメキシコ向け関税の発動であり、それによる米国景気への悪影響である。8日から始まるG20財相会議で、各国の中央銀行は、景気に対する危機感が強いことで一致するだろう。それらに対応する事前コメントなどで、株価下落に一定の歯止めがかかる可能性もあるが、状況は厳しいと言わざるを得ない。

米国の政治経済政策は、きわめて短期主義的なものになっている。ホワイトハウスでは、これに反対する動きもかなりあったようだが、トランプ氏の短期主義、楽観主義は、ここにきて拍車がかかっている。G20が刻一刻と近付く中、日米間の貿易物品交渉の行方にも注目が集まるが、これが株価にどう影響するかに注目だ。

物色対象の選定は難しく、先週のように、ほぼ全下落(エネルギー関連を除く)、という展開が想定しやすい。ただし、19,700円への突っ込みところでは、内需大型株を仕込んでおくべきだろう。また、消費税延期の期待感が強まれば、どこかの時点で小売りが注目される可能性がある。

※ミリオンストック投資顧問の無料メールマガジンでは、具体的な注目銘柄名なども無料で配信中です。

ミリオンストック投資顧問 : 堀 篤

野村證券(株)(現野村HD)にて営業・商品企画・IPOコンサルティング・M&A等業務に従事。1998年、野村證券(株)退社後、上場企業2社(現タカラトミー、インデックス)の役員を勤め、IR、M&Aを推進

2007年、(株)日本マネジコを設立し、上場企業への投資・ファイナンスアドバイス・証券会社向け研修事業、を行うと共に、投資家向けコンテンツなど制作、提供しています。

投資家向けには「YAHOOファイナンス公式ガイドブック」日経ビジネス「お金の学校」、「勝つ!オンライントレード」を執筆。監修として「ウォール街があなたに知られたくないこと」「投資 4つの黄金則」「10日で学ぶMBA」ほか、専門知識を活用して様々な方面で活躍中。証券マン、上場企業役員、投資家、という3方向から30年以上証券市場と向き合ってきた経験を活かし、各々の側面から企業・証券を分析する手法をとる。

ミリオンストック投資顧問(ミリオンストック)に特別アドバイザーとして在籍する、日本証券アナリスト協会検定会員。

兜町から発信される早耳情報の決定版!情報通の早耳コラム

関連キーワード
  • 脆弱なゴルディロックス相場
  • 21,600円からの反発狙いだが、リスクには敏感に
  • 12月までは、上昇波動に入るか
  • ボックスの移動か、上昇波動の始まりか、今週はそれが決まる
  • ボックス圏を上に修正する日経平均とECB
  • いよいよ、始まるビッグイベント2019!
おすすめの記事
可能性として
わしの罫線
ニューヨーク市場は底固めの展開になっておりますが、円安がジリジリと進行しますので、日経平均は下げません。ゴールデンウィークの谷間、二日間しか...