ミリオンストック投資顧問の堀篤が、2019年4月1日(月曜日)に相場動向を独自に解説。"来週のチャンスを待ち伏せる戦略"。
来週のチャンスを待ち伏せる戦略

今週の株式市場は、週半ばまで上がったとしても、その後、週末にかけては楽観ができない。上昇材料としては米中の通商問題の進展や新元号発表に伴うご祝儀相場?があるが、今週末に控える米国雇用統計への警戒感があるだけに、多くの投資家は、売るタイミングを計るだろう。

さらに、4月12日期限と設定された英国のEU離脱案は、議会の否決を受け、英国政府は土俵際に立たされている。こういった悪材料が株価を大きく下落させるタイミングが、投資家に本当の買い時を提供するだろう。

しかし現状では、好悪材料は拮抗しており、日経平均株価は、週初若干強めに推移し、週末に調整する、という動きを狭いレンジで演じる可能性が高い。まとまった下落があるとすれば、来週(4月8日~12日)だろう

今、最も市場が警戒すべきは欧州経済の減速度合いだ。英国のブレグジットを巡る混乱と、イタリア、ドイツの景況感の悪化について、現時点でも、株式市場が十分に織り込んだとは言えないだろう。今の欧州で、けん引役であるドイツ経済に不安感が膨らめば、その影響は大きいものとなる。

とはいえ、米国ではトランプ氏がFRBに利下げ要求を始めるなど、あからさまな景気対策をする姿勢を見せ、米中通商摩擦を軟着陸させようとしていることは、株式市場にワンチャンスがあることを物語っている。欧州要因で大きく株価が下がれば、そこは一旦、大きなチャンスとなる可能性が高い

このような下落時のワンチャンスを狙うのであれば、有力なテーマは、世界的に戻りが期待される半導体関連や、中国消費関連だろう。しかしそれらは、日米通商問題が大きな問題となる5月には大きく上下をする可能性が高い。

中小型国内需要関連銘柄、医療関連銘柄からの銘柄開発は、そういった市場の不安定性を補完する意味がある。

※ミリオンストック投資顧問の無料メールマガジンでは、具体的な注目銘柄名なども無料で配信中です。

ミリオンストック投資顧問 : 堀 篤

野村證券(株)(現野村HD)にて営業・商品企画・IPOコンサルティング・M&A等業務に従事。1998年、野村證券(株)退社後、上場企業2社(現タカラトミー、インデックス)の役員を勤め、IR、M&Aを推進

2007年、(株)日本マネジコを設立し、上場企業への投資・ファイナンスアドバイス・証券会社向け研修事業、を行うと共に、投資家向けコンテンツなど制作、提供しています。

投資家向けには「YAHOOファイナンス公式ガイドブック」日経ビジネス「お金の学校」、「勝つ!オンライントレード」を執筆。監修として「ウォール街があなたに知られたくないこと」「投資 4つの黄金則」「10日で学ぶMBA」ほか、専門知識を活用して様々な方面で活躍中。証券マン、上場企業役員、投資家、という3方向から30年以上証券市場と向き合ってきた経験を活かし、各々の側面から企業・証券を分析する手法をとる。

ミリオンストック投資顧問(ミリオンストック)に特別アドバイザーとして在籍する、日本証券アナリスト協会検定会員。

兜町から発信される早耳情報の決定版!情報通の早耳コラム

関連キーワード
  • 強気に転じる株式市場
  • 脆弱なゴルディロックス相場
  • 21,600円からの反発狙いだが、リスクには敏感に
  • 12月までは、上昇波動に入るか
  • ボックスの移動か、上昇波動の始まりか、今週はそれが決まる
  • ボックス圏を上に修正する日経平均とECB
おすすめの記事