ミリオンストック投資顧問の堀篤が、2019年3月25日(月曜日)に相場動向を独自に解説。"4月12日を待ちながらじょじょに仕込み、連休明けに、売る"。
4月~6月に集中する国際問題をどう乗り切るか?

先週末の海外市場は、世界景気の減速懸念で荒れた。週初には東京市場にも多少の影響があるかもしれないが、基本的には21,000円近辺は買いで対処しても良いだろう。まだ、日経平均株価は21,000円から22,000円のボックスの中にある、と考えてよいのではないだろうか

確かに景気減速懸念は重要なファクターだが、今の景気減速感は、米中通商摩擦問題と英国ブレグジット問題に収斂する、という解釈の下にある。つまり、景気は悪化しているが、「関税問題やブレグジット問題がなんとかなれば、いずれ回復する」という認識下にある、というわけだ。つまり、この2つの問題が姿を変えた問題に過ぎない(今はまだ、と言った方が良いだろうか)

米中通商摩擦を巡っては、4月3日からワシントンで協議が行われることになり、相互に進展を認める発言をしているブレグジットを巡っては、欧州議会は、4月12日まで、英国の短期的な離脱延期を認め、英国議会がEUの離脱案を呑めば、さらに5月22日まで離脱は延期できる、とした。

この2大イシューは、明暗を分けていると言って良いだろう。米中問題は期待通りの進展を見せる一方、英国が提案した6月までの離脱延期は認められず、EU議会は英国に対して、脅しとも捉えられる逆提案をしたことになる。

この一連の出来事で、リスクは、中国から欧州へ移ったと考えるべきだろう。中国で懸念されている金融危機や一帯一路政策の失策は、全人代であったような積極的な財政政策や、習近平氏による欧州訪問によって、足下の懸念とは言えなくなってきた。しかし逆に、欧州の動向は、不透明感を増している。

英国からの各国の資本引上げや、イタリア、ドイツの景気減退リスクは、直近の経済指標からは、大きく高まっていると見ることができる。

また、日本も実は大きな問題を抱えている。2月27日に商務省からホワイトハウスへ出された自動車関税への報告書についての結論を、トランプ氏は90日以内に出す必要がある。その期限は5月18日だ。

今後の主な日程をまとめると、以下の通りとなる。

  • 4月12日:英国EU離脱期限
  • 4月下旬:習近平氏訪米
  • 4月27日~東京市場10連休
  • 5月7日~14日 3月銘柄決算発表ピーク
  • 5月18日:米国政府、自動車関税報告書への対応結論リミット

習近平氏の訪米で米中摩擦が大きく進展すると考えれば、10連休の前に、東京市場では株式を仕込んでおく必要がある。しかし、4月12日の英国離脱期限を考えると、そこまでは待っておきたい、というのももっともな考えだ。

つまり、4月12日を待ちながらじょじょに仕込み、連休明けに、売る、という1か月間の戦略を前提に考えるのが妥当だろう。

連休明けに売却を前提に考えるのは、日米間の問題の為だ。日米自動車交渉は、6月の大阪サミットを前に、安倍氏とトランプ氏の間で、決着をつけておくべきと誰もが考えるところだが、これもまた、大きなリスクであり、5月半ばまでホールドするのも、また博打だと言えるだろう。

※ミリオンストック投資顧問の無料メールマガジンでは、具体的な注目銘柄名なども無料で配信中です。

ミリオンストック投資顧問 : 堀 篤

野村證券(株)(現野村HD)にて営業・商品企画・IPOコンサルティング・M&A等業務に従事。1998年、野村證券(株)退社後、上場企業2社(現タカラトミー、インデックス)の役員を勤め、IR、M&Aを推進

2007年、(株)日本マネジコを設立し、上場企業への投資・ファイナンスアドバイス・証券会社向け研修事業、を行うと共に、投資家向けコンテンツなど制作、提供しています。

投資家向けには「YAHOOファイナンス公式ガイドブック」日経ビジネス「お金の学校」、「勝つ!オンライントレード」を執筆。監修として「ウォール街があなたに知られたくないこと」「投資 4つの黄金則」「10日で学ぶMBA」ほか、専門知識を活用して様々な方面で活躍中。証券マン、上場企業役員、投資家、という3方向から30年以上証券市場と向き合ってきた経験を活かし、各々の側面から企業・証券を分析する手法をとる。

ミリオンストック投資顧問(ミリオンストック)に特別アドバイザーとして在籍する、日本証券アナリスト協会検定会員。

兜町から発信される早耳情報の決定版!情報通の早耳コラム

関連キーワード
  • ボックスの移動か、上昇波動の始まりか、今週はそれが決まる
  • ボックス圏を上に修正する日経平均とECB
  • いよいよ、始まるビッグイベント2019!
  • このままであれば上に行く可能性は高いだろう
  • 20,100円からのダブルボトム狙いか?
  • まだ不安定な状況が続く東京市場
おすすめの記事
トピックス 開花宣言
わしの罫線
もたついて上値が重そうに見える東京市場でありますが、一歩一歩、確実に節目を抜いて来ております。週明け、月曜日の東京市場は小幅続伸。 日経平均...