期待を裏切る相場

この記事の要約

今週の一服で調整は終了。来週はいよいよボックスを上放れと考える。投資顧問一筋31年、ミリオンストック投資顧問の最高顧問の橋本明男が送る、相場分析と個別銘柄情報。
今週一週間の相場が終わってみて、第一に思った事は、しつこすぎるという事です。先週末金曜日には、日経平均286円高と急伸し、もう今週は2万円台に乗せて来るであろうと考えていたのですが、見事に期待を裏切ってくれました。

日経平均は68円安 19521円
トピックスは6.84ポイント安 1565.85ポイント
出来高は概算 20億1千万株で終わっております。

この日経平均、今年大発会で480円高と急伸し、今日で立合日数51日が通過したわけですが、今日の大引けは発会の大引けに比べ、73円安い水準です。もう少し遡って3ヶ月前、12月20日の大引けは19494円、これに比べますと27円高い水準です。

即ち、過去3ヶ月は上げたり下げたりのボックス相場を繰り返し、ほとんど株価は動いていないという事です。しかもこの3ヶ月間の日経平均の上下の幅は、大引けベースで800円ちょっとしかなく、これ程しつこい相場は私もちょっと記憶にありません。

今日の大引けは、この3ヶ月間のボックスの上限で終わっておりまして、さて、これで彼岸天井と言えるのかどうか。

二部指数は最高値を更新し続け、見事に彼岸天井のパターンに入ったと思われます。二部指数は一回大きな調整が必要と思います。

日経平均と二部指数というのは、けっこう連動性がありますので、二部指数が大きく調整を入れるとすれば、日経平均もそれに引きずられる事も頭に入れておく必要も出て参りました。
しかし、余計な事を考えずに日経平均、個別の銘柄の来週からの相場を私の相場観測法で計算する時、今週の一服で調整は終了。来週はいよいよボックスを上放れしてくる所と考えます。

では御健闘を祈ります。

投資助言担当 橋本


ミリオンストック投資顧問 : 橋 本 明 男

独自罫線分析が強み!東証一部の貸借銘柄で勝負!

投資顧問一筋38年。ヤフーファイナンス投資の達人でもお馴染みの橋本明男氏が最高顧問として助言を行い、無料コラム『わしの罫線』も毎日執筆中。無料推奨銘柄は勿論、電話でも直接相談に乗ってくれたりと充実の無料コンテンツを用意しています。

顧客の利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない、いわゆる成功報酬型のプランも提供していたりと顧客目線・結果重視のスタイルで貫き通す。
橋 本 罫 線 の 生 み の 親 ! 相場のことはチ ャ ー ト に 訊 け!
サブコンテンツ

このページの先頭へ