最重要分岐点。

この記事の要約

日経平均前回のデッドクロスは4月2日の週で、26週線は22295円でした。今日現在、26週線は22390円ですから、デッドクロスラインよりも上でゴールデンクロスを果たしたことになります。この線の場合高い確率で上に行きます。私の計算では全ては来週からの2週間で決まると言っても過言ではありません。来週は最重要変化点です。
明日は6月最終日。早いもので、今年の相場も半分が終了致します。ニューヨーク市場の下落を嫌気して今日の東京市場は若干、波乱の動きを見せました。

日経平均は 9時52分に233円安の22338円までありまして

大引けは 1円安 22270円
トピックスは 4.45ポイント安 1727.00ポイント
出来高は概算 14億株で終わっております。

明日で月足が確定となりますが、今日の引け味、又、円ドル相場の動きからして大袈裟な下げは無いと思われます。そうなりますと、私の相場観測法、月足に仕切り直し、即ち売り転換というものが出現致します。この線が出た場合、

①上昇波が終了し下落波に入る。
②長期上昇波の中での調整が終了し、本格的上昇に突入する。


この二つに一つです。さてどちらに動くかですが、そこで週足に注目しなければなりません。

日経平均の13週、26週線は本日現在でゴールデンクロスを果たしております。前回デッドクロスを入れたのは4月2日の週で、26週線は22295円でした。今日現在、26週線は22390円ですから、デッドクロスラインよりも上でゴールデンクロスを果たしたことになります。

100%ではありませんが、この線の場合は高い確率で上に行きます。私の計算では全ては来週再来週の2週間で決まると言っても過言ではありません。日経平均が波動の節目、6月21日の大引け、22693円を上抜けば上昇波、4月17日の大引け、21847円を切ってくれば下降波となります。

来週は最重要変化点です。

おことわりですが、私、明日、所用で小欄を書く事が出来ません。ゆっくり月足を分析して月曜日に詳しくお知らせしましょう。


では御健闘を祈ります。

投資助言担当 橋本


ミリオンストック投資顧問 : 橋 本 明 男

独自罫線分析が強み!東証一部の貸借銘柄で勝負!

投資顧問一筋38年。ヤフーファイナンス投資の達人でもお馴染みの橋本明男氏が最高顧問として助言を行い、無料コラム『わしの罫線』も毎日執筆中。無料推奨銘柄は勿論、電話でも直接相談に乗ってくれたりと充実の無料コンテンツを用意しています。

顧客の利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない、いわゆる成功報酬型のプランも提供していたりと顧客目線・結果重視のスタイルで貫き通す。
橋 本 罫 線 の 生 み の 親 ! 相場のことはチ ャ ー ト に 訊 け!
サブコンテンツ

このページの先頭へ