変化日

この記事の要約

これでもまだ、反騰しないとするならば、あとは来週の月曜日しかありません。それでもまだ違うというのなら、上げた分の対等日数、7月12日となります。
これでもか、これでもかという位に売られます。しかし、流石に主力銘柄は売られ過ぎの水準まで下げておりますから、ここに来て下げても底堅い動きになっております。

日経平均は 68円安 21717円
トピックスは 0.45ポイント高 1693.25ポイント
出来高は概算 13億1千万株で終わっております。

相場には、株価日柄という重要な要素が二つあります。
まず、日経平均の株価は一目の雲の下限、21698円のところでピタリと収まっております。
そして日柄を見ますと、5月21日戻り天井23050円から数えて、今日で32日目。明日は一目の示す大変化日33日目に当たります。また、今日は今年の大発会、1月4日 742円高 23506円の26週に当たります。
もしもこれでもまだ、反騰しないとするならば、あとは来週の月曜日しかありません。
それでもまだ違うというのなら、上げた分の対等日数、7月12日となります。


恐らく明日の33日重要変化日で動きが見えて来るはず。ご期待下さい。

では御健闘を祈ります。

投資助言担当 橋本


ミリオンストック投資顧問 : 橋 本 明 男

独自罫線分析が強み!東証一部の貸借銘柄で勝負!

投資顧問一筋38年。ヤフーファイナンス投資の達人でもお馴染みの橋本明男氏が最高顧問として助言を行い、無料コラム『わしの罫線』も毎日執筆中。無料推奨銘柄は勿論、電話でも直接相談に乗ってくれたりと充実の無料コンテンツを用意しています。

顧客の利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない、いわゆる成功報酬型のプランも提供していたりと顧客目線・結果重視のスタイルで貫き通す。
橋 本 罫 線 の 生 み の 親 ! 相場のことはチ ャ ー ト に 訊 け!
サブコンテンツ

このページの先頭へ