壊れてはいない。

この記事の要約

米中の貿易摩擦が激化か?との不安心理が高まり、日経平均は急落致しました。しかし日経平均のチャート、何も壊れてはいない。波動を見ると下値の抵抗線は21885円にあり、それを切るようですと、21380円まで節目は有りません。向こう一週間の間に、5月30日の安値 21931円、これを切るか切らないかが重要ポイントになります。
東京市場が始まる前に、米大統領が新たに中国に対する関税を決めたという報道が伝わり、米中の貿易摩擦が激化するのではないかとの不安心理が高まり、投げが投げを呼ぶ展開となりまして、日経平均は急落致しました。

大引けは 401円安 22278円
トピックスは 27.51ポイント安 1743.92ポイント
出来高は概算 14億9千万株で終わりました。

しかし、どこからこんなにも不安心理が高まって来るのでしょうか。何とも乱暴な相場です。さて、この急落で日経平均のチャートが壊れたかといえば、何も壊れてはいません。波動を見ますと、下値の抵抗線は21885円にあります。それを切るようですと、21380円まで節目は有りませんし、最悪は3月27日に明けた窓 20766円も相場となってしまいます。

そこで注目すべきは、向こう一週間の間に、5月30日の安値 21931円、これを切るか切らないかが重要なポイントになります。安い所が買えると思えば、下げも又良し。明日、安寄りして来るようなら買いに入って損はない。

では、御健闘を祈ります。

投資助言担当 橋本


ミリオンストック投資顧問 : 橋 本 明 男

独自罫線分析が強み!東証一部の貸借銘柄で勝負!

投資顧問一筋38年。ヤフーファイナンス投資の達人でもお馴染みの橋本明男氏が最高顧問として助言を行い、無料コラム『わしの罫線』も毎日執筆中。無料推奨銘柄は勿論、電話でも直接相談に乗ってくれたりと充実の無料コンテンツを用意しています。

顧客の利益をもたらさなければ報酬は一切貰わない、いわゆる成功報酬型のプランも提供していたりと顧客目線・結果重視のスタイルで貫き通す。
橋 本 罫 線 の 生 み の 親 ! 相場のことはチ ャ ー ト に 訊 け!

あなたにオススメ

大納会 12月29日
疲れるG.W.
意味不明
よく頑張った
変化が鮮明になって来た。
円・ドル相場に注目
来た!
上げ賛成
来週は大変化週
重要変化日
日銀政策決定会合
来る!
ようやく個別に買いが入って来た。
妥当な動き
来た!
サブコンテンツ

このページの先頭へ